記事

ワセジョが結婚できにくい残念な理由 - 西口敦 (戦略コンサルタント、西口敦事務所代表取締役社長)

 ある披露宴にお招きを受けたときのことである。新郎も新婦も、日本を代表するような企業勤務。どちらも就職人気はすごいので、いいオトコ、素敵な女性が集まる会社である。

 新郎新婦の同期くらいの30歳前後では、オトコはほぼみんな既婚。一方で、どっちの会社も30歳以上女性の独身率が高い。しかもみんなキレイで人間的にもできてる感じで、「なぜあの人が独身なのかわからない」と言われそうな魅力的な女性たち。

 ボーっと考える。この女性たち、社会人になったときって、さぞかし全世代からモテたんだろうなあーと。20代前半で、まだまだ世間知らずで、無邪気な反応で可愛げがあって、モテないわけがない。あるモデルのようなアラフォー女性がこんなことを言っていた。「20代前半は、世の中には何も怖いものがなかった」。

 そりゃ、身近な1人の男性に決めたくなんかないですよね。ましてや、組織の中で使いっぱしりさせられてるような同期の男の子となど。同期の男性から見ても、彼女らは高嶺の花である。キラキラしていて、精神年齢も経験値も彼らより上なので手が届く気がしない。そんなうちに、その同期の男子たちは、学生時代からお付き合いしている彼女とか、あるいは職場や合コンで知り合った身近な存在である「普通の」女性と、律儀にすんなり結婚していく。

 さてそのステキな女性陣、入社から7-8年たってアラサーを迎えるころ、同期の男性たちも社内で一線の戦力となって、なかなか立派に成長してくる。ビジネスパーソンとしての経験値では逆転されていることも多く、会話をしていても楽しい。でも、彼らの左手薬指にはとっくに指輪が光っているのである。

 「あれ? なんなの、いい感じの男性はみんな結婚してるじゃない??」。いやいや、いい感じの男性の原石は、身の周りにたくさんいたのですよ。あなたたちがモテて浮かれてる間に、無自覚にもスルーしてしまっただけで。

独身で年を重ねてしまう不器用なワセ女

 この現象は、高偏差値の大学卒業生でも起きる。たとえば私立最上位校である早・慶・上智あたりでは、大学時代に男女比のバランスが崩れていると女性はモテるので、一人の相手に決めずにスルーしやすい。

 (以下、完全に個人的経験にもとづく独断)それでも、世慣れた女性の多い慶応と上智はなんとか早めに挽回して結婚まで持ちこむことが多いのだが、生真面目でちょっと不器用なワセジョはそのまま年を重ねてしまうケースが多いように見える。自分ひとりで生きていけそうな職業につくことも多いので、結婚に真剣味がないのも理由である。

 これが東大女子だと、どんなに学生時代にモテたとしても、卒業した瞬間に周囲の男性からは敬遠される存在になってしまうことがかなりクリアに予測できるため、学生時代にお付き合いしていた男性をがっちり離さずゴールインというケースが多い。ワセジョは、「卒業したって、別に慶応や東大の男性でいいし、東工大や一橋とかたくさんいるじゃん」と思ってしまう。でも、その彼らがワセジョを指名買いする必然性はどこにもないのである。

 同様の傾向は、女医や弁護士、外資のセグメントでも多く観察される。女医さんは研修医時代までに決めきらないと、その後の成功確率が一気に下がるのである。

後天的に習得可能なテクニックとは

 では、どうすればいいのか? どんな女性ならその逆境を越えられるのか? ここでは二つの解決策をご紹介しよう。

 一つには、メタ認知能力、つまり自分の立ち位置を客観視する能力を持つことである。自分はいまどうやらモテているようだが、それはどんな要因によるものなのか。そのモテ力は今後も維持可能なのか。環境変化によって減衰するものではないのか。もしもそうであれば、いまするべきことは何か。

 もうひとつは、ツンデレ。男性は、賢そうで(実際に賢くて)、しっかりしている女性が、ちょっとおっちょこちょいだったり、自分に甘えてきたり、ちらっと弱い面を見せたりというギャップに弱い。ツンデレが自然体でできる女性もいるが、意図的に仕組んでいくことも可能である。

 いずれのスキルも「思考」と「試行」をすることで、後天的に習得可能である。ぜひメタ認知する「思考」を深め、ツンデレ・テクニックの「試行」をやってみることをお薦めする。

 ここでのポイントは、同期男子でもトップ級にモテるオトコは、女性と同じ現象が起きているのですぐには決めないことも多い。かくして、トップ級のオトコは独身で残っているがゆえに、同期女性陣からは「まだ彼みたいな人も残ってるから、大丈夫じゃん」という根拠のない安心材料を与えることになり、これまた彼女らを惑わすことになる。

 ま、ということで、「うちの会社では、なぜかキレイな女性が残ってるんですよね」現象は、至極自然な論理で説明できてしまうわけですねー。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。