記事

米グーグル課税逃れめぐるデータ分析、数年かかる可能性=仏当局

[パリ 29日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O> 傘下のグーグルのパリ支社が24日、課税逃れの疑いで家宅捜査を受けた問題で、押収データの分析作業には数年かかる可能性がある。仏金融検察官のエリアーヌ・ヒューレット氏が29日明らかにした。

ヒューレット氏はラジオ局ヨーロッパ1、テレビ局iTeleとルモンド紙とのインタビューで「われわれは多くのコンピュータデータを収集した。データ分析には数カ月必要だ。数年にならないと期待したいが、われわれの資源は非常に限られている」と発言した。また家宅捜査には96人が参加したと付け加えた。

グーグルはフランスの法規に完全に従っていると主張しているが、多国籍企業が欧州で事業のグローバル展開を利用して課税を逃れているとして、世論や政府から圧力が高まっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。