記事

英語の偏差値が高い人ほど、TOEICは伸び悩む

「English Hacker」編集長 佐々木真=文

受験英語は大得意でも、TOEIC400点

社会人になってからも大学受験までと同じやり方で英語を勉強するビジネスパーソンが多いですが、実は、これは間違いです。

私も今でこそTOEIC990点満点を取ることもありますが、TOEICを受け始めたころは大学受験のクセが抜け切れず、最初は400点、その後も500点前後で低迷した時期がありました。しかしある時に、勉強法を大学受験までの英語学習のスタイルと変えてから、不思議とスコアがグッと伸びてきました。周囲の英語勉強仲間に聞くと、これと似た「受験英語の脱出経験」をしている人が多いです。

今回はTOEIC、特にリーディングでスコアが伸びない人のために、受験英語まで成功した人ほど陥りやすい罠について解説します。

▼大学受験の勉強スタイルを変えられない人々

大学受験までの英語学習は基本的に英語を文法的にしっかり理解して“日本語に訳せること”がベースです。そのため、問題文も回答選択肢もすべて日本語になっており、英語はいちど母語である日本語に翻訳して、そこから問題を解くというプロセスでした。

それに対して、ビジネスパーソンの英語力を測る指標となっているTOEICやTOEFLは、基本的に問題文も選択肢も、 回答マークシートにすら日本語は一切なく、すべて英語を英語のまま理解して問題を解きます。それなのに、 いちいち日本語に直していたのでは時間がかかりすぎてしまいます。

テストで求められるものが変われば、するべき対策も変わります。大学受験までのやり方で時間とお金を浪費しているにもかかわらず、勉強のやり方を変えない人、変えられない人は多いです。

大学受験までで重視されていたことと、TOEICやTOEFL、英会話などで重視される英語のスキルは全く異 なるということを意識している人は、英語が得意な人でも少数です。 個人的には、これこそが日本人にとってTOEICで高スコアを取ることが難しい、最も大きな原因だと考えています。

▼TOEICの問題は200問「速さが命」

いわゆる“使える英語”と呼ばれるビジネスや日常 英会話で使えるレベルで英語を身に付けるためのコツは、大学受験までの英語の勉強法はいったん忘れることです。大学受験で成功していた人ほど同じ勉強法を続けてしまい英語がいつまでも上達しない、なんてことになりかねません。

また、とにかく大量のリスニング・リーディング問題を解いて慣れることも重要です。TOEICで解答する問題は合計200問。大学入試でこれほどの量を課されることはないでしょう。とにかくスピーディに、英語で問題を解き進めなければいけません。

英語偏差値が高い人の典型的な失敗例3

昔ながらの勉強スタイルの難点で、特に目立つのがリーディングです。私を含め大学受験スタイルの勉強法を継続したことによる典型的な失敗例は以下のようなものがあります。

失敗1:難しい英文でもとにかく片っぱしから多読をする
→ツラくなり続かない

受験英語が得意だった人は、社会人になって勉強を再開しようとしたとき、自分の実力以上の教材を使うことがしばしばあります。 しかし、難しい英文ばかりで読むのがツラくなり続きません。おまけに頑張った割には読むスピードも速くならない。教材を変えたくても、どれにすればよいかわからないまま同じことを繰り返してしまう。

失敗2:一文一文の文法構造を100%理解できるまで精読する
→読むスピードが上がらないのでTOEICなどで高スコアが取れない

大学受験までの日本語に訳すクセが抜けてない人は多いが、そもそもTOEICなどでは日本語にする必要はない。英語を英語のまま理解する練習をしないので、いつまでもスコアが伸びない。

失敗3:やっぱり英単語は基本!英単語帳でコツコツ暗記をする
→英単語を覚えるばかりで読むスピードは速くならない

英単語を覚えることは大事だが、そればかりやっていても読むスピードは速くならない。英単語1つずつ読むのではなく、英文として意味を理解する練習をしないのでTOEICなどでも高スコアが取れない。

受験英語で成功した人のTOEIC勉強法3

かつては英語の勉強は大学受験で志望校に合格するため、という人が大多数でしょう。しかし、英語でのコミュニケーションを取るTOEICや英会話での英語学習に求められるのは、また別の勉強スタイルなのです。

別の勉強スタイル?

それは非常にシンプルです。「日本語に訳さないクセ」を身につけることです。では、そのためには、どうすればよいのか。ふだんリーディングの練習をする時から、次の3つのポイントを意識してみてください。

(1)制限時間を決めて読む
(2)読んでいる途中で辞書は引かない
(3)「7割理解でOK」を念頭に最後まで読む

これだけでも、ずいぶん読むスピードが速くなってくるはずです。すべての文章を読み終わったあと、復習として辞書を引いて英単語を調べたり、じっくり読み返したりすれば、速く読む練習だけでなく英語の基礎力も確実にアップしていきます。

・すぐに日本語に訳さないと気持ち悪い
・一文ずつしっかり読み込むので時間がかかる

こんなリーディングからは脱出しましょう。これは訓練をすれば、誰でも身につけられるものです。TOEIC本番までに、「日本語に訳してしまうクセ」から脱していれば、スコアも伸びやすくなるはずです。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。