記事

オバマ演説から、「本当の相互理解」が始まる。

1/2

オバマ氏が現職米大統領として初めて広島を訪問したシーンをNHKの中継の録画で今見終わって、あんまりこういう言葉は好きじゃないが、「歴史的瞬間」という使い古された言葉を凄く感じました。

演説の前半部分、ちょっと文明論的に大きな話をしている時に、まあアメリカ人の演説としては標準的な「良い話のフォーマット」なんだけど、ベタな日本人的感性からすると「遠い」ように感じられてしまうんじゃないかと勝手に心配していました。もっとアレコレをぶった切ってとにかく泣き崩れるような演説でなければ、「私たちの心に寄り添ってない」って話になっちゃうんじゃないかと。

しかし、全てが終わってから、「私たちの心に寄り添ってくれた」と感激の言葉を次々に口にされる被爆者の方々を見ていて、私の感想は被爆者の方々を見くびっていた、過小評価していた気がして恥ずかしくなりました。そういう彼我の立場の違いから来るすれ違いのことなど当然理解して越えようとするところに、彼らの長い人生の結果としての今は到達しているんだという気がした。

演説の後、被爆者代表の方と握手をして語り合ったり抱き合ってるシーンは、理屈を超えて涙を誘われた人も多かったように思います。私も泣いたよ!

米国側が謝罪すべきだったかどうか・・・というのは、謝罪というものに関する文化的な感覚の違いもあって難しい問題で、そりゃ遠い未来において、お互いの先祖の悪事について当然謝罪をしあえることが普通のマナー・・・になればそれが理想かもしれません。

その点においては人それぞれ意見はあるでしょうが、今のこの状況においては、オバマ氏側は「米大統領として可能な最大限のアクション」をしてくれたのだという理解を、我々は持つべきなんじゃないかと思いました。

そう簡単なことではなかったはずです。が、それをやりきったし、現代の国際政治的状況の中で破綻しないラインを守りながら、真摯な気持ちを聴き手が感じられるだけの振る舞いを見せた。

そしてそれを受け取る方も、こんなに理屈っぽい状況把握ではないとしても、本能的心情的なレベルで、「アメリカ側の色々の事情を理解した上で、自分たちの思いをも共有して欲しい」という、「相手をまず理解することで自分が理解される」態度を貫けた、そういう「被爆者側の成熟」が光った場面であったとも言えると思います。

つまりそこにあったのは、「オバマ氏の強い信念(と政治的野心)」が一方にあり、そして逆に被爆者側の「成熟した”ゆるし”の境地」があったと言えるのではないか。

「自分個人の恨み」なんかはもう古い話だからいいんだけど、客観的事実として「核兵器が使用されたらこういうことが起きるんだというリアリティ」はしっかり把握した上で行動して欲しいという思い

当然恨んだ日も過去にはあっただろうし、今でも恨んでいる人は少数でも存在するでしょうが、被爆者総体として見た70年を超える月日の中で、その「個の怨念を超えた精神」が大域的に涵養されてきたからこそ、オバマ氏もギリギリの「彼らなりに譲れないライン」を通したまま、握手をし、笑い合い、抱き合うことができたシーンなんだという風に理解したいと思います。

「謝罪はあるべき」派の人も、そのことの凄さは理解しようとすることが、今後の「本当の相互理解」への一歩になるのではないでしょうか。

以下は、今書いてる(もう半年以上ものびていて、いつになるんだとお叱りも受けてますがスイマセン)本に採用予定の図なんですが・・・(クリックで拡大します)

画像を見る

何かの社会的問題を共有し解決に向かわせるには、二つの段階があって、「今どちらにいるのか」に応じて適切な態度を取る必要があるわけです。

それを滑走路段階と、飛行段階に例えて考えると・・・というのが上記の図です。

「問題が周知」されるまでは、徹底した非妥協的態度で相手側を全否定する論理を先鋭化し、「純粋な被害者の立場」を押し出すことで問題を社会的に顕在化していく必要がある。そうしないと、「世のマジョリティの都合」だけが変わらずに押し通されて、それによって押しつぶされた存在は一切顧みられない状況になってしまう。

しかし、それが「周知」された後は、「周知」されるまでに必要だった徹底した善悪二元論的な世界観自体が、問題をさらに解決に向かわせるための最大の障害にもなってしまう。

あわせて読みたい

「バラク・オバマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。