記事

オバマ大統領の広島訪問

今日は日本にとって、世界にとって歴史的な日だった。オバマ大統領による広島訪問である。正直、私の生きているうちに現職の米国大統領による広島訪問が実現するとは思わなかった。とてつもないことである。

日本人が思っているよりはるかに米国人は原爆について肯定的である。原爆があったから戦争が早く終わり、多くの命が救われた、そう米国は確信し続けてきた。私も米国在住中に随分いろいろな方と話をしたが、かなりの知識人でもそう思っていることにびっくりした。だからこそ、駐日米国大使による広島訪問ですらなかなか実現しなかった。今年初めてケリー国務長官の訪問が実現した上、その国務長官のアドバイスによってなんと大統領による訪問が実現した。おそらく、今年が日本のサミット開催でなかったら、オバマ大統領が最後の年でなかったら、ケリーが国務長官でなかったら、安倍総理が総理ではなかったら、などなどちょっとしたずれであと10年、20年は実現しないことが、すべて良い方向に重ねって歴史が動いたのである。

そして、オバマ大統領は、核の廃絶だけではなく、戦争の廃絶まで訴えた。唯一の被爆国である日本の、広島の地から、そして原爆ドームや慰霊碑を背景に、その演説が行われたことは人類に記憶されるべき出来事である。

改めて、審議拒否やヤジ、そして対案なき反対のための反対などが繰り返される国会を思うとき、私はこういう国会を変え、日本が世界をリードするレベルの高い政治にしたいと心から願う。

それにしても、深い深い心の余韻が残ることだった。

あわせて読みたい

「原爆」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。