記事
  • mkubo1

昨晩を振り返って

まずは、昨晩を振り返ってです。

昨晩は、欧州のフランスが市場の餌食のなったようです。
フランスの長期信用格付け「AAA」が、今後、格下げされるのではないかという疑念が膨らみ、フランス国債を大量に保有しているフランスの銀行が「やばい」ということになり、さらの、フランスの銀行は、スペインやイタリアのエクスポージャーも多いとの理由で、フランスの銀行株が、がんがんに売られました。
その中でも、ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)は、15%の下落でした(CDSは300bpsを超えています)。
ご存知とは思いますが、フランスにも日本同様、メガ3行がありまして、それは、BNPパリバ(-9.5%)、ソジェン、クレディ・アグリコール(-12%)です。
どれもこれも、下落したのでした。
また、ECBの市中銀行への翌日物融資が40.6億ユーロ(前日は1.47億ユーロ)にお急増したことでも、銀行の苦境がわかります。
当たり前の話で、いつもは、銀行間で融通していた資金も、ちょっと、貸すのを控えようとか、手元の現金を厚めにしようと思うので、最後の貸し手のECBへ借りにいくわけです。

おかげで、昨晩は、欧州株式市場はボロボロです。
フランス-5.5%、ドイツ-5.1%、スペイン-5.5%、イタリア-6.7%なわけです。
そして、ご存知の通り、米国株式市場も金融株を中心に売られました。
S&P500を見てみますと、
   終値   前日比  VIX終値
8日 1119.46  -80ドル   48
9日 1172.53  +53ドル   35
10日 1120.76  -52ドル   43

というジェットコースター相場となっています。
これは、投資家の不安心理を表現しているです。
不安心理といえば、VIXを見ますが、やや落ち着く方向を見せているようにも見えます。

総じて、「ひやっ」としましたが、8日(月)の下落に比べるとやや落ち着いた感はあります。

今晩ですが、今のところ、欧州は、朝方戻すも、以後売られ、その後買われて、前日比変わらずのレベルにいます。
注目の国債マーケットは、イタリアとスペインは、引き続き買われています。
NY市場はやや買われています。
まだまだ、落ち着かないマーケットです。

こんな荒れたマーケットの中で、面白いニュースが入ってきました。
スイス中銀が、期間限定ながら、SFをユーロにペッグさせる措置についてコメントしています。
おかげで、SFは急落です。
各国中銀とも、あの手この手考えてきます。
日銀にもぜひとも「さすが」と思わせる策をお願いしたいですね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  5. 5

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  7. 7

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。