記事

テーピング投げ捨て事件と 韓国の「報道しない自由」 - 崔 碩栄 (ジャーナリスト

1/2

GW(ゴールデンウィーク)の間、日本でちょっとした事件が話題になった。5月3日に埼玉スタジアムで開かれたサッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの最終戦、浦和レッズと韓国の浦項スティーラーズの試合で起きたハプニングだ。それは1-1の引き分けに終わった試合の後、浦項の選手が巻いていたテーピングをグラウンドに捨てたところから始まった。これを見た浦和の選手が韓国選手に注意すると、韓国選手は投げ捨てたテーピングを集めた。

韓国ではほとんど話題にならなかった

 そこで終わっていたら何の問題もなかっただろう。ところが若い選手がせっかく集めたものを浦項のキャプテンが再びグラウンドに放り投げたのだ。挑発的な行為を目のあたりにした浦和の選手たちは激高し、両チームは今にも殴り合いを始めそうな衝突寸前の険悪な雰囲気になった。

 試合直後、浦項の選手たちが巻いていたテーピングを投げ捨てる場面や浦和側が抗議し揉み合う場面を撮った動画がネット上に公開されると、日本国内では韓国選手のマナーについては批判の声が上がり、テレビニュースでも取り上げられた。

 ところが、日本の反応とは対照的に韓国ではほとんど話題にならなかった。この事件を報じたのはわずか3社ほど。それも日本の2chや海外のゴシップニュースを拾ってきて翻訳、掲載してリリースすることで知られているいわゆる「ネットメディア」によるものだ。つまり、実際の試合は見もせず日本のネット・ニュースをみて書かれたような記事でしか報道されなかったのだ。東京に支社を置く韓国の全国紙やテレビ局など、大手マスコミがこの事件を報じることはなかった。東京に数十人もいる韓国マスコミの特派員たちはこの事件を報じる日本のニュースに接したはずなのになぜ彼らはこのニュースを報じなかったのだろうか

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。