記事

選挙とお金の話

選挙にかかるお金に関する質問を多くいただいていますので、お答えいたします。まず、いわゆる選挙は、選挙期間中の選挙運動と、それ以外の政治活動に分けられ、政治活動では投票依頼をしてはいけないなどの違いがありますが、実質的にはほとんど同じ活動をしている政治家ばかりです。つまり、常に選挙運動をしている状態です。

選挙運動にかけられるお金には上限があるのですが、先にご説明したとおり、選挙運動に必要なものはほとんどが公費負担であり、その他にかかるのは選挙事務所の賃料や、選挙カーのウグイス・運転手の人件費くらいですので、そもそも選挙運動に必要なお金は限られているため、上限の定めはあまり意味がありません。

ほとんどの政治家が多くのお金をかけるのは、選挙期間前の政治活動であり、そのお金には上限がありません。よって、何千万円ものお金を使っているのです。

選挙期間前の政治活動では、地元事務所賃料、私設秘書人件費でたくさんのお金をかけるばかりか、例えば東京都全域にビラを全戸配布しようとすれば、それだけで数千万円かかり、しかも政党所属の候補者たちは、それを数回行っているのです。
つまり、いくら選挙運動にかけられるお金に上限を設けても、実質的選挙運動である政治活動に際限なくお金をかけるなど、政治家は法の抜け道を熟知しているのです。

私はそれに対抗すべく、そのような数千万円をかける政治活動(実質的選挙運動)は行いませんし、選挙運動としても、公費節約のために選挙事務所・選挙カーなしで戦います。自分たちに都合の良いようにルールを定める政治家たちに好き勝手させないためには、国民の皆さまが厳しい目で政治家を選んでいただくしかないのです。

ちなみに、なぜ私は以前の選挙で1000万円もの借金を作ったのかというご質問については、正しく言えば、選挙運動で借金を作ったのではなく、政治活動において、政党に所属していた際の事務所体制を、私が無所属になり政党からの資金がなくなるからといって、自分勝手に整理することは、道義に反すると思い、無理して体制を維持したがために作った借金です。
今後は、元から政党からの資金なしで維持できる体制を整え、常時選挙運動展開中の他の議員とは一線を画し、「政治」に専念する所存です。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  8. 8

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  9. 9

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。