記事
  • mkubo1

なぜ、欧州に原因があるのか?

世界的に厳しい経済環境になっています。
先ほども書きましたが、私は、火元は欧州だと思います。
もちろん、米国の景気も良くないのですが、欧州の問題がなければ、米国の状況もここまで悪化しなかったのだろうと思います。
やはり、ECBの7月の利上げが、トリガーなのだと思います。

なぜか。

この利上げは、独仏にとっては、当たり前の政策かもしれませんが、周辺国にとっては、特に、景気が良いわけでもありません(GDPを比較すれすぐわかります)。
さらに、財政状況も厳しい中での利上げです。
ということは、更なる景気悪化になりかねないわけです。
それが表面化したのが、イタリアなのです。

実際、イタリア10年債が5%を越えた時期とECBの7月の利上げの時期は同じなのです。

リンク先を見る

ここで、歴史を振り返ってみましょう。
欧州の金融システム不安と世界景気減速は、欧州の金融政策を転換させるに、十分な理由になると思うのですが、過去はどうだったのか。
1987年9月 ドイツの利上げ その後10月15日がブラックマンデーでした。
1929年9月 英国利上げ   その後10月29日がブラックサーズデイでした。

今回は、ユーロという人類史上例のない通貨での出来事ですから、さてどうなるのか。
2011年7月 EUの利上げ その後、どうなるのでしょうか…

それくらい、ユーロの罪は重いのだと思います。

しかし、「イタリアごときで」と思わないでください。
日本最大の投信のグロソブの中にもイタリア国債は11.5%もあるのです。
イタリア国債の残高は1.8兆ユーロですから、ギリシャ(0.3兆ユーロ)の比じゃないのです。

私も、以前は、「イタリアは大丈夫かな」と思っていました。
しかし、もう、市場の流れには逆らえません。
これが、ユーロの運命というか試練なのだと思います。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。