記事

政治とお金に関する主張の整理

政治にかかるお金は、月100万円の文書通信交通滞在費と秘書3人分の公費支出で十分足り、選挙にかかるお金は、かけないのが一番、もしかけるのであれば自分で貯めればよく、生活にかかるお金は、議員報酬を1000万円強まで半減しても十分足ります。私が掲げる「無報酬」は、私の覚悟と約束です。

ちなみに国政選挙では、ポスター印刷・ビラ印刷・選挙ハガキ印刷・選挙ハガキ郵送・選挙公報・新聞広告・選挙事務所看板作製・選挙カー看板作製・選挙カーガソリン等が公費負担ですので、ほとんどお金をかけずに戦うことができます。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  5. 5

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  6. 6

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  8. 8

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  9. 9

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。