記事

Twitterが「140文字ルールの変更」を発表(宮崎智之)

画像を見る

「140文字ルール」変更はユーザーに受け入れられる?

Twitter社は24日午後11時、「140文字ルール」の一部を変更すると発表した。

といっても、以前から噂されているような「1万文字」に変更するわけではない。「140文字ルールを少しだけ柔らかくする」(Twitter Japan広報)とのことで、「140文字ルール」へのこだわりを保ちながらも、その中でできるサービス向上を目指す狙いがある。実際の変更はこれから数ヶ月の間に行われる予定だ。

主な変更点は以下の通り。

・返信ツイートの変更

返信ツイートで冒頭に表示されていた「@ユーザー名」が文字数にカウントされなくなる。つまり、返信ツイートでも140文字入力できるということだ。「@ユーザー名」自体が見えなくなるが、今まで通り元のツイート送信者、双方のフォロワーに返信が表示される。

・引用、添付ツイートの変更

これまで引用ツイート、もしくは写真、GIF画像、動画、投票を添付してツイートする際は、24文字分がカウントされ、116文字しか入力できなかった(写真)。

画像を見る

しかし、このルールを撤廃し、今後は引用、添付しても140文字使うことができる。

・自分のツイートのリツイートが可能に

自分のツイートをリツイートできるようになる。その際も、上記と同様、140文字の入力が可能だ。自分のツイートに関連する発言をする場合は、自分に返信(「@自分ユーザー名」)する形で対応していたユーザーが多いが、その手間を省くことができる。

・「. @ユーザー名」ツイート

ほかのユーザーにツイートする場合、すべてのフォロワーに見てもらうためには「. @ユーザー名」と打ち込む必要があったが、それが不要になる。「@ユーザー名」の前に「. 」を入れなくても、自分のフォロワーにツイートを表示されるようになるのだ。

Twitterは少ない文字数で気軽に投稿できることが魅力だ。表意文字の漢字を使う日本人にとっては、140文字に多くの意味を詰め込めることができるため、そのメリットが高かった。「1万文字」のような大幅なルール変更の噂に強い拒否反応が巻き起こったのは、ご存知の通りだ。

今回は、あくまで「140文字ルール」の枠内での変更であるため、胸をなでおろしたユーザーも多いのではないか。しかし、サービスの根幹である「文字数」にTwitter社が踏み込んだことは大きく、今後どのような「サービス向上」が実行されるのか注目が集まる。シンプルな機能が人気なTwitterだけに、「サービス向上」が「余計なお世話」になることだけは避けてほしい限りだ。

追記:すべてのフォロワーに表示されるのは、「返信ツイートで」はなく、「ほかのユーザーへのツイート(. @ユーザー名)」でしたので、記事の一部を変更しました。申し訳ございませんでした。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  7. 7

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。