記事
  • mkubo1

公的年金の運用、ここがおかしい!

今日の日経新聞(4面)に「公的年金の運用苦戦」とありますが、当然のことです。
新聞に出てきた年金は3つです。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
国家公務員共済組合連合会(KKR)
企業年金連合会(PFA)

また、新聞に記載されていた重要なデータを表にまとめておきます。

年金名

平均運用利回り

国内債の比率

運用資産

GPIF

1.6%

67%

120

KKR

1.75%

79%

8

PFA

2.4%

36%

10



ここでは、年金の制度というより、運用面から、いかに、無理、いあや無謀なことをしているのか説明します。

注目は、運用資産です。
GPIFは、120兆円の運用資産を抱えていますので、1%の金額を動かすだけで、1.2兆円も売ったり買ったりするわけです。
少なくとも、昨年度、5兆円近い資産を(差し引き)売却しています。
簡単なことですが、マーケットインパクトが大きいのです。大き過ぎるのです。
その分、必ず、運用成績を悪化させます。
もちろん、運用を委託された会社は、インパクトを最小化するような取引をしているはずですが、それは、見せ方一つで、如何様にも見せられます。
つまり、インパクトは、必ず、かかっています。

GPIFとKKRでは、年平均で0.15%の運用差が出ています。
運用の内容に、大差がないとすれば、これは、まさにインパクトの差、つまり、120兆円と8兆円の差からきています。
もちろん、120兆のうち、年に動かす金額(売り買い合わせて)は平均的に8%くらいだと思いますが(それでも、約10兆円!)…

ということは、GPIFの理事長もおっしゃっている通り、「池の中の鯨」なわけです。
であれば、さっさと、GPIFなんていう組織を細分化して、池の中の鯉になるような年金運用体制にしない限り、利回りを向上させるのは、ほとんど(多分100%)無理なのです。
理事長も鯨というくらいですから、理解しているのだと思います。
今の日本には、成長性がないので、国債のみで運用しても、1.5%程度の利回りしか出ません。
それでは、年金は破綻します。
利回りが4%ということで、初めて、公的年金の継続性の根拠が計算できるのです。

PFAとかは、10兆円の資金を、様々な運用先に分散投資して、リスクをとりながらも利回り向上に努めているのですが、それでも、2.4%なのです。
GPIFを12分割して、10兆円ずつ、PFAのような組織に競争させても、平均的に2.4%ということです。
1.6%よりは、はるかに改善します。
が、まだまだ、足りないのです。
ただ、10年国債が1.2%のときに、2.4%の利回りを上げるということは、それなりに評価(当然リスクとリターンの関係によるのですが)できるはずなのですが、そもそも、目標設定が4%というのが無理なのです。

公的年金の運用を改善する方法は、ただひとつです。
公的年金を今後の売却も考えて、売却資産を運用するGPIF①と今後の運用益を追及するGPIF②から⑦くらいまで、組織を分けるべきです。
今後は、団塊の世代に年金を給付するために、資産売却を毎年5から10兆円程度、行うはずですから、パッシブ運用分60兆円程度をGPIF①へ移管します。
残りの60兆円をGPIF②から⑦までに分割して、運用を競わせます。
今頃になって、新興国の株式市場へ投資するなんて、10年遅いわけです。
これも、120兆円という鯨並みの図体のでかさ、小回りの効かなさが原因です。
あと、運用の意思決定に、官僚は、完全ノータッチですね。
プロでも、10兆なんて金額を運用するのは至難の業です。
運用の天才である著名ヘッジファンドですら、最大で1、2兆円の運用額で、そうなると、パフォーマンスも悪化しているようです。
何事も適正規模というものがあるのです。

「そんなことは、分かっている」という声がGPIFから聞こえてきそうですが、であれば、国民の資産を有効に運用するためにも、こういう運用額の細分化は早急に行うべきです。官僚が運用をしようという考えが、そもそも、間違っているのです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。