記事

鴻海はシャープ太陽光事業の「再建」を選んだ

鴻海について、いまだにその一挙手一投足に不審の目で見る記事が絶えませんが、産業再生機構は東芝救済で手一杯で、見放されたシャープは経営破綻するしかなかったのですから、もう振られた賽についてどうのこうのといってもしかたありません。

そのシャープにとって明るいニュースが報じられていました。

なんと、もう畳むしかないと思われていた太陽光事業が、鴻海傘下で黒字化のめどがたつので、撤退ではなく、再建をはかるというのです。これはサプライズです。

シャープ、太陽光事業を継続へ 鴻海傘下で黒字化めど - 産経ニュース : 

シャープの太陽光事業は、2015年度決算で売上高が前期比で42.1%減の1,568億円、営業利益は前期の626億円の赤字よりは縮小したと言っても、184億円の赤字でした。

しかも多くは中国から調達して売っているのが実態で、普通に考えれば、事業からの撤退が筋でしょうが、撤退しようにも、契約破棄すれば違約金のとられる長期電力契約や自治体などの補助金返還などの偶発債務があり、鴻海の出資でも問題になっていました。

太陽電池効率世界一を奪回したというニュースがブラックジョークに感じるほど、技術は立派、しかし事業は迷走し破綻するというよく見る光景の典型がシャープの太陽光パネル事業です。

モノづくりに溺れ、モノづくりの奢りで経営破たんにまっしぐらに向かったシャープですが、しかし、独創的なモノづくりの力はあり、販売での鴻海の知恵やネットワークと結びつけば、いい意味でハイブリッド化が期待できます。

絶望的で、もうリストラしかないと思われていた太陽光事業再建に成功すれば、そのインパクトははかりしれません。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。