記事

少子化問題 下手な政治家の施策より女性の気分に任すことがいいのかも

日本の出生率が久しぶりに上がりました。(出生率、2015年は1.46に上昇 21年ぶり高水準

>厚労省は出生率の伸びについて「13~14年の経済状況が良かったことが、出生率改善の一因になったと考えられる」

いろいろな施策が効を奏したんだと思っていましたが、民主党政権時代の2010年も少し上昇しており、その頃のニュースでは(日本の出生率わずかにアップ 団塊ジュニアが「駆け込み出産」?

>育児休業や、自治体独自の「手当」など公的な子育て支援策の効果
を政府はあげていました。しかし巷は

「駆け込み出産」説
大都会での「ママ友効果」

などをあげていました。これ見ると2010年の頃から政治家の背策は結局変わっておらず、結果は安定していないことがわかります。

そんな中こんなブログ記事を見つけて、なるほどと納得しました。(もしかして少子化問題って10年後には解決してるんじゃないの?非婚が進む30代と早婚志向な20代の溝

この先輩を見ながら自分の行動を決める女性たち。本当周りの医師、看護師を見ても同様の意見が出ていました。

  ある医師のツイッターです。
>先日30歳の病棟看護師と飲んでいた時、私が入職した当時の先輩達は「早目に結婚なんて損だよ!!楽しまないと」と公言して憚らなかったが最近の後輩は入職数年で結婚して、仕事もそのまま続ける子が多いと言っていた。10年くらいで雰囲気も変わる
不況が続いた日本において、仕事とプライベートのどちらかでは勝っておきたいという考え。先輩を見て、どのようなキャリアプランを描こうかと考える場合、まず結婚は抑えておこうという価値観の変化はそのあと続く出産に向かうことが期待できます。とはいえ、シングルマザーも含めてまだまだ晩婚問題、少子化問題は解決されてはいません。それでも出てきたこの早めに結婚という気の変化と出生率増加。少し期待できます。

ちなみに沖縄の出生率の1位は、経済環境、基地問題はどうあれ、子供を育てやすい仕事と家族と社会環境なんでしょう。鶴瓶の家族に乾杯見たときそう思いました。「美しき海SP 東出昌大 沖縄県本部町ぶっつけ本番旅」

景気回復が遅い、少子化問題対策ができていない、介護問題も棚上げ、保育所待機児童対策も遅いといろいろ現政府に文句ばかり言っていますが 、発表されている数字が本当であればやはり成果は出ています。でもそれはどちらかというと施策よりも景気と同じで気の問題が大事だったのではと思いました。ただその気を出させたことは評価すべきでしょう。

あわせて読みたい

「出生率」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。