記事

橋下徹氏の発想は本音でもある 「本気で考えろ!」 だから米軍基地撤去なのです

 橋下徹氏は、沖縄で起きた米軍属の者の性犯罪について、再び暴言を吐いています。
 かつて性風俗の利用を米軍関係者に勧めたことを撤回していましたが、撤回しなければ良かったというものです。

リンク先を見る

 ここまで露骨に主張するというのは、ある意味ではすごいと思います。
 私も確かに橋下氏が問題として言わんとするところは、なるほどとも思うからです。
慰安婦が必要? 軍隊ってところはどんなところ?

 生死の境に立たされるようなストレスが与えられたとき、人が普通でいられるのかどうかという究極の問題です。イラクなどから帰還した米兵の精神がズタズタにされてしまっていることは周知の事実だし、それはイラクから戻った自衛官も同じように精神がむしばまれてしまい、自殺に至ったケースもあったということからも、やはり平常心ではいられないものがあるのは容易に想像がつきます。

 橋下氏は教育の問題だと言いますが、もちろん座学などでどうにかなるようなものではありません。橋下氏も座学の意味では言っていないでしょう。

 自衛隊では、セクハラとかその他淫行のような犯罪はありますが、強姦事件のようなものは、まずありません(あるかもしれませんが、また自衛官が~というものはほとんどないと思います。それよりは警察官によるものの方が問題視されているように思います)。

 その意味では自衛官は米兵とは置かれている状況はもちろん違います。現状では基本的には生死の境に置かれている状況ではないからです。
 但し、今後はわかりません。安保関連法制により戦闘地域への派兵が待っているからです。

 以前、NHKで放送された「新・映像の世紀」ですが、第一次世界大戦の中でこれと同様の場面がありました。
 前線に送られたフランス兵の言葉がナレーションで紹介されたのですが、「ともかく酒と女だ」と言っているセリフがあまりに露骨で死の恐怖の中に叩き落とされるとこのような状況に陥るのかというものでした。

 連合軍兵士20万人以上が梅毒に感染していたということですが、生死の境に立たされ、しかも第一次世界大戦といえば多くの兵士が戦死したという戦争ですから、明日も生きているという保証がなければ、梅毒の感染の恐怖など全く眼中にもなかったのではないかと思われます。

 日中戦争では日本兵は、鬼畜と化して強姦や殺戮などの非道の限りを尽くしていましたが、これも徴兵によって無理矢理、前線に送り込まれる中で鬼畜と化していったのではないかと思われるわけです。
 もともと中国人に対する差別意識で満載でしたから、鬼畜と化すのは時間の問題だったのですが。

 このようなストレス環境に人がさらされたとき、さて橋下氏が問題にするような「ビーチバレーやバーベキューでストレス発散」と言われてしまうと、確かに口があんぐりと空いてしまいます。
 死の恐怖にさらされた状態をビーチバレーやバーベキューで発散できるはずもありません。そのような代償で本当に十分ですか?

 だからこそ米兵は歯止めのきかない危険な存在に成り下がっているのです。

 これは犯罪発生率の問題ではありません。日米地位協定という不公平極まる中で米兵や軍属は特別の地位が与えられ、これまた占領意識における被占領者への差別意識と相まって鬼畜と化すわけですから、最悪のパターンになるわけです。

 橋下氏のいうように建前だけを語ってみても意味がないという点では同感です。

 きれいごとばかり言わず本気で解決策を考えろ!

 その通りです。
 しかし、だから風俗というのは違います。
 米軍基地も米兵も危険な存在なんですよ。
 本気で考えたならば、米軍基地を撤去し、米軍には撤収してもらう、それしか選択肢はありません。

あわせて読みたい

「橋下徹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。