記事

グアムでB-52が墜落 主力爆撃機の更新の必要が痛感される

リンク先を見る

5月19日朝、グアムのアンダーセン空軍基地で、訓練中のB-52爆撃機が離陸直後墜落しました。7人の乗組員に怪我はありませんでした。

B52はいまから60年も前にデザインされた骨董品であり、最後の生産は1963年です。

航空機の耐用年数は長く、普通、20年から30年、使い続けることも珍しくありません。しかし60年前のモデルというのは、いくらなんでも古すぎます。

アメリカ国防総省は既に新しい主力爆撃機の開発契約をノースロップ・グラマン(ティッカーシンボル:NOC)に発注済みです。

この次期主力爆撃機は、1機の値段が643億円と試算されており、ゆくゆくは80~100機の購入が予定されています。つまり最大で6.4兆円のプロジェクトというわけです。

この手の防衛プロジェクトでは、請負業者の利幅は厳格に管理されており、あまり儲からない代わりにハラキリ的な不採算プロジェクトも少ないです。

「ベルリンの壁」崩壊後、アメリカ国防総省の防衛産業の指導方針が変わりました。

それまでは業者同士を徹底的に競争させ、コストを下げるやり方でした。

しかし、冷戦が終わると軍備が余り必要でなくなるという認識に立ち、M&Aで業者の数を集約し、財務的に健全で技術力をしっかり維持できる一握りのメーカーを残すという方針になったのです。

この結果、今では、戦闘機は主にロッキード・マーチン(ティッカーシンボル:LMT)、爆撃機はノースロップ・グラマンという棲み分けが出来ています。

過当競争が無くなったこと、各社とも息の長い調達プログラムに基づいて生産を行っている事は投資家目線では「数字の読み易い」ビジネスになってきていると言えます。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「戦闘機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  2. 2

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナ方針 国が変更し都に圧力?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  6. 6

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  8. 8

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  9. 9

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。