記事

就職活動と長期インターン制度

インターンシップは1906年にアメリカのシンシナティ大学から始まった「産学連携教育」が始まりです。大学での科目授業と、就労体験プログラムを卒業まで交互に受け、実践と理論を学ぶものでした。

現在の日本でいうインターンシップは、就職活動前の春・夏休みの短期間で覗き見程度をするものが中心です。

しかし、採用のミスマッチを防ぐべく、大学・高専11校と大手企業が連携し、今夏から長期インターンシップ(就業体験)の普及に向けた取り組みが始まるとの記事がありました。

私は銀行員時代、リクルーターの責任者を何年かさせて頂きましたが、その採用方法には違和感を覚えていました。特に当時は「終身雇用」が当たり前の時代でしたので、短時間の面接を数回おこなうだけでお互い決めてしまって良いのか・・・学生と夜を徹して話し合ったこともありました。

一括採用は、戦後の高度成長期を一極集中型で実現するために行われた「集団就職」の名残でしかありません。学生にとってよりも、圧倒的に企業側にメリットがあります。現在の多様化した、上場企業でさえ簡単に倒産する世の中では、そのデメリットが更に際立ってきたのではないかと思います。

国会議員となってからは、松田事務所にも長期で頑張ってくれているインターンが何人かいました。今春も1年半、毎週何回も来てくれた学生が卒業していきましたが、最後の方は意思疎通が大変よくできて、即戦力で採用したいと思ったぐらいです。

しかし、民間で社会人としての経験を積んでもらう大切さを考えた結果、現在は民間企業に入って頑張ってもらっています。

いずれにせよ、今回の「長期インターンシップ」は、学生側・企業側の両方にとって良い取り組みです。今後、これが多種多様な採用を実現するきっかけになってもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「インターン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  8. 8

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。