記事

就職活動と長期インターン制度

インターンシップは1906年にアメリカのシンシナティ大学から始まった「産学連携教育」が始まりです。大学での科目授業と、就労体験プログラムを卒業まで交互に受け、実践と理論を学ぶものでした。

現在の日本でいうインターンシップは、就職活動前の春・夏休みの短期間で覗き見程度をするものが中心です。

しかし、採用のミスマッチを防ぐべく、大学・高専11校と大手企業が連携し、今夏から長期インターンシップ(就業体験)の普及に向けた取り組みが始まるとの記事がありました。

私は銀行員時代、リクルーターの責任者を何年かさせて頂きましたが、その採用方法には違和感を覚えていました。特に当時は「終身雇用」が当たり前の時代でしたので、短時間の面接を数回おこなうだけでお互い決めてしまって良いのか・・・学生と夜を徹して話し合ったこともありました。

一括採用は、戦後の高度成長期を一極集中型で実現するために行われた「集団就職」の名残でしかありません。学生にとってよりも、圧倒的に企業側にメリットがあります。現在の多様化した、上場企業でさえ簡単に倒産する世の中では、そのデメリットが更に際立ってきたのではないかと思います。

国会議員となってからは、松田事務所にも長期で頑張ってくれているインターンが何人かいました。今春も1年半、毎週何回も来てくれた学生が卒業していきましたが、最後の方は意思疎通が大変よくできて、即戦力で採用したいと思ったぐらいです。

しかし、民間で社会人としての経験を積んでもらう大切さを考えた結果、現在は民間企業に入って頑張ってもらっています。

いずれにせよ、今回の「長期インターンシップ」は、学生側・企業側の両方にとって良い取り組みです。今後、これが多種多様な採用を実現するきっかけになってもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「インターン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。