記事

為替の過度の変動は悪影響、G7仙台会合で再確認

[仙台市 21日 ロイター] - 仙台市で開かれていた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は21日、為替レートの過度の変動や無秩序な動きが経済に悪影響を与えうることなどを再確認し、閉幕した。

討議では、すべての国が通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性を指摘。世界経済に不透明感が漂うなか、金融政策、財政政策、構造改革をどうバランスよく組み合わせて対応するかも議論した。

また、テロ資金対策のための各国の情報交換を促進することなどを柱とした「行動計画」を策定。テロ資金供与に関する基準強化の検証や、対象を特定した金融制裁での協調にも取り組む。仙台市で開かれていたG7財務相・中央銀行総裁会議で取りまとめた。

(梅川崇)

あわせて読みたい

「G7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  4. 4

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  5. 5

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  6. 6

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  7. 7

    村本大輔 安倍首相の悪口でNGも

    AbemaTIMES

  8. 8

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  9. 9

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

  10. 10

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。