記事

英指標の軟化、国民投票めぐる不透明感の影響という証拠ない=中銀

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会のフォーブス委員は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票に関連して、英国の経済指標の悪化は投票に関する不透明感が原因だという確たる証拠があるわけではないとの見方を示した。

フォーブス委員は、北アイルランド訪問中に現地ベルファスト・テレグラフ紙の取材に応じた。20日付の記事によると、同委員はブレグジットに関する不透明感はビジネスや投資計画に悪影響を与えており、EUへの残留が決まれば迅速に懸念は払拭されるだろうと述べた。

ただ「現在の(経済指標の)軟化は国民投票やその不透明感に関連したものだという確実な証拠を、われわれが持っているわけではない。他の要因が影響している可能性はある」とも付け加えた。

同委員はさらに、EU離脱の賛成票が反対票を上回った場合、ポンド相場や中銀のインフレ目標達成の確率にどのような影響が出るかは「非常に予想しにくい」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。