記事
  • mkubo1

ギリシャ問題の解決方法

欧州ですが、どうやら、解決の糸口が見えてきたようです。

これは、どういうことかといいますと、ギリシャ国債の保有者に借款債を買わせるのです。

といっても、良く分かりませんよね。

出来るだけ簡単に説明します。

ギリシャが自ら債務再編を行えば、これは、デフォルトになります。

もちろん、ECBやEUのような公的機関が強制力を持って、債務再編を行っても同じことです。

しかし、債券保有者が自らの意思で、債務の延長に応じたり、元本を減免したりすれば、これは、デフォルトと認定されません。

なぜか。

身近な例で考えればすぐ分かります。

銀行が(このブログに何回か登場してもらっている)酒好きの友人にお金を貸しているとします。

その友人は、酒ばかりにお金を使って、お金が貯まりません。

そうこうしているうちに銀行にお金を返す日がやってきました。

友人が、「申し訳ないけど、返せません」と銀行に言ったら、デフォルトです。

さらに、裁判所などの公的機関が、友人を破産宣告しても、デフォルトです。

しかし、銀行が、「じゃあ、もう1年待ちましょう」とか「じゃ、半分だけでも今後返してくださいね」と言えば、これはデフォルトではありません。

上記例で言えば、ギリシャは酒飲みの友人となります。

つまり、銀行などのギリシャ国債保有者が、何の圧力も強制も受けずに、自発的に、債務再編を行うことが、デフォルトと認定されない唯一の方法です。

今、この「ウィーン・イニシアティブ」という方法が現実味を帯びてきています。
この手法は2009年ハンガリーでも採用されています。

一方、そんなことしたら、多くの銀行は、大損するのではという危惧もありますが、ほとんどの銀行は、多分、何の問題もなく、逆にヘアカットによっては歓迎されるかもしれません。

というのは、ギリシャ国債を保有している銀行などは、ギリシャ国債の帳簿上の値段(簿価)を55とか50に変えているはずです。

従来は100だと思いますが、時価にあわせるように、決算期ごとに、帳簿上の値段(簿価)を下げていたはずです。つまり、損失を計上していたはずです。

仮に帳簿上の値段(簿価)が50であれば、ヘアカットが40%ですと、債券価格は60になりますから、ギリシャ国債で、10の利益が出ることになります。

しかも、既存のギリシャ国債はなくなり、新しい借款債に変わりますから、不良債権処理も終了となります。

この借款債は、過去のブレディ債と同様、ユーロ債かドイツ国債などの担保が付くと思われます。

こういうことで、貸し手の銀行も(自主的に)受け入れやすいので、このウィーン・イニシアティブは、解決策として、有力な候補となっています。

もちろん、ギリシャは、貸し手の銀行から厳しいリストラ策を言い渡されるはずです。

追い貸しをしているよりは、数倍、いい方法であることは間違いないと思います。

不良債権は、さっさと損出しすることが重要であるということは、日本人が一番よく知っていると思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。