記事

スマホゲームの一部アイテム「前払式証票」認定の影響を考える

以前より懸案となっていた事案ですが、当局による裁定が出てきた模様です。以下、毎日新聞より転載。
<LINEゲーム>一部アイテム通貨認定 関東財務局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000004-mai-soci

財務局が通貨に当たると認定したのは、パズルゲーム「LINE POP(ラインポップ)」で使われるアイテム「宝箱の鍵」と、別のゲーム「LINE PLAY(ラインプレイ)」内のミニゲームで使われるアイテム「クローバー」。
このうち宝箱の鍵は1本当たり約110円相当で、宝箱を開ける用途以外に、使用数に応じてゲームを進めたり、使えるキャラクターを増やしたりできる仕様だった。資金決済法では、利用者が代金を前払いし商品やサービスの決済に使うものを「前払式支払手段」と規定。プリペイドカードなどのほか、通貨として使われるアイテムも該当する。発行会社は倒産などに備えて保証金を供託し利用者保護を図る義務がある。
当該記事の表題では「通貨認定」とされていますが、正確には「前払式証票」としての認定ですね。前払式証票とは、①記録性(金額等の財産的価値が記録される)、②対価性(金額・数量に応ずる対価を得て発行される)、③代価弁済性(代価の弁済等に使用される)の3要素を併せ持つ通貨代替物であり、図書券やデパートの商品券などがこれにあたります。

今回懸案となったのは、LINE社が提供するゲーム「LINE POP」内で使われる「宝箱の鍵」と呼ばれるもの。LINE社側の主張としては、①「宝箱の鍵」は直接現金で購買されるものではなく、直接現金で購買されるゲーム内通貨「ルビー」を介して購買が行われる、②またルビーを介して購買する以外にもゲーム内で取得する方法が設定されており、それが直接現金価値にヒモ付いてない、という二点からあくまで「前払式証票ではなくゲーム内アイテム」であるとの主張であったものと想像します。しかし、当局側の判断としては、当該「宝箱の鍵」に先述の①記録性、②対価性、③代価弁済性の三点が認められる事から、「アイテムではなく前払式証票である」との判断したのでしょう。

リンク先を見る

ちなみに、LINE社はゲーム内通貨であるルビーに関しては、従前より前払式証票と自社判断を行い、法に基づいた供託金を積んでおります。なので、本件に関しては「悪意があって供託金逃れをした」というよりは、本当に当局と事業者の間で法律上の解釈が異なった故の論争であったのであろうと個人的には解釈をしているところです。

一方、今回の裁定によって発生する影響でありますが、私としては当然ながら賭博系サービスへの影響を考えてしまうワケです。

世の中の多くのゲームにおいてはゲーム内にカジノ等の賭場が存在しており、そこで仮想の賭けを行うことができます。その際に利用されるのが、ゲーム内通貨で購買されるカジノコイン(ゲームによって呼び名は異なる)であるワケですが、今回の裁定に基づくとこれを利用して遊ぶカジノが「前払式証票」を賭ける行為と判断されてしまうようなシチュエーションが出てくる可能性があります。

例えば以下のような構図にあった場合:

リンク先を見る

即ち、ゲーム内の「カジノコイン」を賭ける行為というのが、その他の「前払式証票」、例えば図書券等を賭ける行為と同様の行為と判断されてしまう可能性があります。我が国で今まで図書券等を賭ける行為が問題化した事例は、私が知る限り新潟少女監禁事件の加害者逮捕(2000年)に関連して発覚した警察の不祥事で、新潟県警幹部らが関東管区警察局長と麻雀賭博を行ったことが判明し、問題化した事例くらいでしょうか。
Wikipedia: 新潟少女監禁事件―事件発覚時の県警本部長らの対応
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%9B%A3%E7%A6%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E4.BA.8B.E4.BB.B6.E7.99.BA.E8.A6.9A.E6.99.82.E3.81.AE.E7.9C.8C.E8.AD.A6.E6.9C.AC.E9.83.A8.E9.95.B7.E3.82.89.E3.81.AE.E5.AF.BE.E5.BF.9C

少女の発見当日、新潟県警には当時各地の警察を視察に回っていた警察庁特別監察チームのトップである関東管区警察局長(以下、局長)が訪れており、視察後、局長と県警本部長(以下、本部長)を含む県警幹部たちは新潟県三川村のホテルに1泊する予定であった。

ホテルに向かう車中で刑事部長より本部長に対して「三条市で9年2カ月前に行方不明になった少女が発見された」という一報が入り、以後はホテルの宴席上にFAXで続々と報告が寄せられた。この様子を見た局長は本部長に「(県警本部に)帰ったらどうだ」と促したが、本部長は「大丈夫です」と取り合わなかった。食後は局長、本部長、生活安全部長、総務課長、生活安全企画課長が参加し、図書券を景品とした麻雀が行われた。
当該、新潟県警で判明した図書券を賭けた麻雀賭博は諸々の経緯があり最終的に不起訴となっていますが、厳密に言えば「前払払式証票」を賭ける行為も、現金を賭ける行為と同様に刑法賭博罪が適用されるものと思われますので、今後は各種ゲーム内での「賭け」機能にも注意が必要となります。

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。