記事

「左遷」だと思ったら「転機」かもしれない

人事コンサルタント 楠木新

「左遷」とは何か

「左遷」という言葉は、『日本国語大辞典』(小学館)によれば、「(昔、中国で右を尊び左を卑しんだところから)朝廷の内官から外官にさげること。また、一般に、それまでよりも低い官職、地位に落とすこと。中央から地方に移すこと。左降。さすらい」という意味だとされている。元々は漢語であったものが、日本に取り入れられて一般の言葉になったものだ。

実際の左遷の用例はどうなっているのか。

まず日本経済新聞の5年間の朝刊、夕刊に掲載された記事を検索すると、「左遷」という言葉は39件しかなかった。「昇進」に比べると20分の1だ。一方で、ブログに使用されている「左遷」の文言を見ると、全く違う景色が見えてくる。あるブログの検索サイトでは、この3月1カ月だけで、900件を超える用例がある。

画像を見る
人事コンサルタント 楠木新氏

もちろん同じ条件での比較にならないことは承知しているが、けた違い以上の格差がある。ビジネスの現場で考えれば、人事部内で左遷という言葉を聞いたことはないが、定期異動が発表されれば、社員間では「○○さんは左遷だそうだ」という発言が飛び交う。「こんな成績だと、来年は左遷になるぞ」と口癖のように言い放つ営業部の上司もいる。

左遷は、組織からではなく個人から生まれていると言い切っても良いくらいだ。それでは一体どうしてそうなっているのか?

私は生命保険会社の本店の人事部に在籍した他にも、専門職の人事課長や子会社の人事担当部長も経験した。転勤があって役員を目指すことができる総合職、転勤のない事務職である一般職、中途入社の専門職の各々が描く会社の姿は、著しく異なっていた。人事面談を繰り返す中で分かってきたのだ。もちろん子会社の社員が描く親会社の姿はまた違う。

各自が、それぞれの立場や職制、労働条件、または自分の生活との関係で会社を把握している。本社ビルなどがあるから、実体のある唯一の会社が存在していると思いがちだ。しかし頭の中で自分なりの会社像を描いているにすぎない。普段は、総合職同士や一般職同士で仕事をしているのでそれほど意識しないだけである。

かりに総合職から一般職に職制を変更すれば、かなり会社の景色は変わってくるはずである。私自身も、支社長や担当部長職から、いきなり平社員に降格になった時には、会社の姿は意外なほど違って見えた。

自分と会社との関係は変えることができる

社内で「会社は、会社は」と何度も言う同僚に、あなたが発言している会社というのは具体的には何を指しているのかと聞くと彼はうまく説明できなかった。自分が幻想として描いている会社を単に擬人化して話していたのだろう。社内のコミュニケーションがしっくりいかない背景には、社員が描いている会社像のズレが原因であることも多い。左遷だと思い込むこともこの幻想の中から生じている。

松下幸之助氏は、著書の中で「こんなつまらん会社がと思われるより、この会社は結構いい会社じゃないかといって働いてくれる人のほうがありがたい」と述べている。会社がそこで働く社員にとってどういう意味を持つかを彼は常に考えていたのだろう。悪感情を伴った幻想を社員が持つことを恐れていたのかもしれない。

もちろん幻想だからといって会社に意味がないということではない。私は会社組織の大切さは身をもって感じてきた。また誰もが多分に自らが描く幻想の中で生きている。ここでのポイントは、自らの頭で作り上げたものであるならば、組み替えることができるということだ。自分自身が変化することは難しいが、自分と会社との関係は切り替えることができる。

画像を見る
『左遷論』楠木新著 中央公論新社

左遷をチャンスに変えた人には、いくつかの共通項があった。一つは、左遷体験の中からヒントを見出していることだ。左遷に遭遇して「会社は自分にとって一体何なのか」「一緒に暮らす家族を顧みないでいいのか」「このままで定年後はイキイキ過ごせるのか」などを深く考える機会を持ったことが次のステップに結び付いている。会社に対する幻想を書き換えようとしていたのである。

もう一つは、自己実現というよりは、同僚や家族のことに思いをはせ、誰かに役に立つという姿勢を持っていることだ。重点が、自己に対する執着から他者への関心に移行している。だから周りの人が手を差し伸べやすくなり、左遷を転機にできる。逆に、自分だけのことを考えている人や自分自身に向き合うことに不誠実な人に対しては、周囲は手を施す術を持たない。結果として新たな展開が生まれにくい。

左遷をチャンスにするには、上記の二つの姿勢が大切であり、それは左遷のみならず、リストラや、自らの病気、事故に遭遇、家族の問題を抱えるといった挫折や不遇な状況になった時にも共通している。

私は1年前に36年間勤めた生命保険会社を定年退職した。すると、あれほど強くコミットしていた会社はすぐに頭の中から消え去った。まさに私にとっても会社は幻想だった。

そして組織で働く日本のビジネスパーソンはもっと気楽に過ごせることができる。また自分の大切なことをもっと大事にすることができると今は感じている。「いい顔」で働き続けるためには、左遷を転機にした人に学ぶことも価値があると思っているのだ。

あわせて読みたい

「サラリーマン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。