記事
  • mkubo1

ビンラディン殺害のなぞ

マーケットには、あまり関係ないのですが、連休も後半戦ですから、お付き合いください。

ビンラディン、射殺されました。
なぜ、射殺する必要があるのか。 これが、どうしても分かりません。
最初の発表では、武器を持って抵抗したからということでしたが、すぐに、訂正されました。

武器は持っていなかったが、抵抗したので、即座に射殺されたとのことでした。

が、その後、12歳の娘が、生け捕り後に、射殺されたと証言したようです。

不可解ですね。
せっかく捕まえたのであれば、生かして、裁判にかけるのが、世の中の常識のはずです。
米国は、5000人が殺された恨みがありますから、射殺の報に対して「USA!」と叫ぶ米国民の反応としては、当然なのかもしれませんが...

が、これは、冷静に考えれば、やはり、おかしいのです。
誰も、ビンラディン死体を映像で見ていません。死体がないわけです。映像は非公開なわけです。

繰り返しますが、生け捕りで裁判そして処刑が米国のいや世界の常識のはずです。ましては、現大統領は、ノーベル平和賞受賞者です。

射殺命令をそうやすやすと出すとは思えません。

米国民は、いや、世界の人々は、事実を知りたいという欲求が、徐々に大きくなるはずです。
米国政府は、そのうち、世論に押されて、映像公開か新事実公表(もちろん、あればですが)に踏み切ることになるかもしれません。

しかし、仮に映像を見たとしても、なぜ、射殺したのかという疑問は残ります。
常識的に考えると、無抵抗な者を射殺したわけですから、口封じが、合理的な回答となります。

フセイン大統領の時ですら、米国は、生け捕りにしています。大量破壊兵器がなかったにも関わらずです。

オバマ大統領が支持率を上げたいのであれば、生け捕りで、裁判をして処刑した方が、支持率への貢献も大きかったはずです。

さらに、不思議なのは、ビンラディンがあの場所に5年も滞在していたことです。

(案外、5年もそんなところに隠れていることは、無力の証明かもしれません。)
普通に考えれば、パキスタン政府か軍部は、その事実を知っていたと考えた方が論理的です。
だからこそ、5月2日の作戦を事前にパキスタンに知らせなかったのでしょう。

真相は知る善しもありませんが、何か、しっくりときません。もっと言えば、米国らしくないですね。
すでに、ビンラディンは、テロの象徴のような存在であり、実質的な実働部隊は別な拠点にいるのではないかとさえ思ってしまいます。

そんなことは百も承知の上で、2兆ドル以上の国家予算をつぎ込んでアフガニスタンやパキスタンに軍隊を送り込んでいた米国政府は、(本当は無力な象徴である)ビンラディンの口を封じたかったのかもしれません。無力のビンラディンを10年かけて追いかけて、2兆ドルも金を使って、で、結局、生かして、裁判とかで、「私は、何も知らない」なんて言われたら、それはそれで、困っちゃいますからね。
多分、米国政府にとって都合の悪いことが多いのでしょう。


すでに、アフガニスタン撤退は決まっていましたし、経済的な影響は、ほとんどないのかと思っています。
ビンラディン殺害で株価が上がるというのは、ちょっと、考えにくいですね。

あくまで、雰囲気の問題ではないでしょうか。
すでに、彼は、無力の象徴であったかもしれないわけですから…

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。