記事

消費増税、事態に変化あれば与党と話すのは当然=萩生田官房副長官

[東京 17日 ロイター] - 萩生田光一官房副長官は17日午後の会見で、来年4月の消費増税判断に関して「(増税見送りなど)事態に変化があれば、与党である公明党と話し合いをするのは当然だ」と語った。

公明党の山口那津男代表はこの日の会見で、消費増税を延期する場合は、安倍晋三首相や担当大臣だけではなく、政府・与党での議論が必要だと発言。増税先送り論をけん制していた。

また、萩生田副長官は来年4月の消費税率引き上げについて「リーマン・ショックや大震災などの重大な事態が発生しない限り引き上げていく従来の方針に変わりない。適時適切に判断する」との見解を繰り返した。増税の判断時期については「現段階では予定通り増税する予定で準備している。特段、党として何かコメントする時期ではない。来年4月から10%というのは既定の路線だ」と語った。

(石田仁志)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。