記事
  • mkubo1

銀相場の下落−変化の兆候?

商品市況が、5月になって急落しています。
金も原油も5月2日が高値です。
が、今回の急落のテクニカルな原因は、銀先物の最低証拠金引き上げにあるようです。
4月29日(金)の取引終了後に銀先物の最低証拠金を12,825ドルから14,513ドルへ引き上げました。
その結果、5月2日(月)の銀先物が急落しました。

加えてドル・インデックスは、4月29日以降、73ドルでほとんど横ばい、つまり、今までの下落がようやく止まっているのです。
ドルの下落が止まって、銀先物が急落です。

さらに、5月4日にはWSJがソロス・ファンドが、金と銀の持ち高の大半を過去1ヶ月で売却したと報じています。

おまけは、5月2日のビンラディンの殺害。

これで、商品市況がいっきに調整モードとなったようです。
原油は114.8から106.6へ
金は1577から1503へ
銀は49.5から37.9へ

銀に関して言えば、昨年8月後半から相場が急上昇しているのですが、この5月のような20%以上の急落は初めてです。

重要なので、詳細を書きますと、2010年8月27日に、バーナンキ議長が、ワイオミング州ジャクソンホールで「FOMCは、必要と判断されれば、非伝統的手段を通じて追加の金融緩和策を講じる用意がある」と発言しました。
その時点、つまり、米国のQE2を実質的に言及した時から、銀相場は上がりだし、ここにきて、ようやく、その相場が終わりそうな気配が見られるのです。

リンク先を見る

銀という商品は、世間的には、金ほど目立ちませんが、金よりボラティリティが高い通好みの商品でもあります。

QE2がきっかけなのか、中国などの新興国の景気が思ったほどよくないのが原因なのか、商品の中でも投機的な銀の相場の調整は、変化の前触れかもしれません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。