記事

ECBの一部措置、金融政策と財政政策の境を曖昧に=独連銀総裁

[ベルリン 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、ECBの金融政策に対する批判が最近強まっている状況について、一部の措置が金融政策と財政政策の境界を曖昧にしたことが原因である可能性を指摘した。17日付の独紙ウェルトがインタビュー記事を掲載した。

同総裁は、現状で金融政策は緩和的であるべきとの判断でECB理事会が一致していると説明。

一方で、最近のECB批判には理由があるとし、「ECBがこれまでに講じた一部の措置が金融政策と財政政策の境界を曖昧にし、政府の責任リスクを中銀のバランスシートを通じて再分配してきたことに起因している可能性がある」と語った。

ワイトマン総裁は、ECB理事会は財政政策の領域に踏み込まないよう慎重になる必要があるとし、ECBの最近の国債買い入れプログラムで負担する責任を極めて限定しているのはそのためだと説明。「それでも、ユーロ圏の国債買い入れは中銀が国家にとって最大の貸し手となるため問題がある」と指摘した。

自身とドラギECB総裁との関係については、「さまざまな問題をめぐり双方の見解が異なることはあるかもしれないが、物価安定の重要性やそのための経済的条件では意見が一致している」と語った。

ECBがマイナス金利をどこまで低下させるかとの問いには、「これまでの措置の効果を見極めるべきで、今後の措置について検討を開始すべきではない」と答えた。

低金利は銀行の利益を圧迫しているが、金融政策の目的は銀行の利益を確保することではないとする一方で、銀行の業績低迷は金融安定へのリスクをもたらし、金融政策の効果を低下させて物価の安定を揺るがす恐れがあるとも指摘。超低金利政策は必要以上に継続すべきではないとした。

消費喚起や物価押し上げを狙って市民に直接資金を配る「ヘリコプターマネー」については、議論を容認しておらず、ECB理事会の議題にないと語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。