記事
  • mkubo1

米国の株高政策が終了−FOMCの本当の意味

FOMCが終了しました。
基本的にノーサプライズでした。
主な内容です。

・QE2は6月終了
・超低金利継続
・保有公債残高維持(償還金は米国債へ再投資)
・出口戦略の最初の行動は、償還金の再投資をやめることになるであろう
・足元の物価上昇は一時的であろう
・PCEインフレ予想では、2011年が2.1%から2.8%、2012年が1.2%から2.0%

多くは、予想通りです。
1点だけ、来年のインフレ率は低下すると予想しています。
これは、今後の商品市況の落ち着くであろうということです。

FRBの政策目標は、もちろん、金融と雇用なわけです。
景気をよくするためにも、株式市場を上げることが、具体的なターゲットとなるのです。
理由は、米国の個人金融資産のうち約1/3が株式だからです(日本は6%くらいです)。

ですから、株式市場が上がると、その景気への効果は、非常に大きいのです。

S&P500は、QE2や公債残高維持政策によって、昨年の8月末から約30%も上昇しました。
つまり、FRBの政策が成功したわけです。

しかし、物事には、光と影があるものです。
光(メリット)が株高であれば、影(デメリット)は商品市況の高騰です。

S&P500 が30%上昇している期間に、WTI先物(原油)は約60%上昇しました。
金や小麦は約20%、とうもろこしは約80%の上昇です。

バーナンキ議長が、記者会見のQ&Aで、QE3について“trade-offs are getting less attractive”とややネガティブば発言がありました。
これは、光と影の影の悪影響(商品市況が上がること)が大きくなる可能性があるので、「見返りはそんなに魅力的じゃないよね」と言ったのです。

実はこの言葉こそが、今回のFOMCの本当の意味だと思うのです。
何回か書いていますが、ガソリン価格は、すでに景気に影響を与える水準まで上がってきています。

FRBとしては、QE2を終了して、株高政策に一応のピリオドを打ったわけです。
公債残高維持政策までやめると、いっきに金融引き締めとなるので、ここは、景気に一定の配慮をしているのでしょう。

加えて、連日のガイトナー財務長官とバーナンキ議長の「ドル高は国益」発言が出てくるわけです。
この真意は、商品市況をなんとかして落ち着かせたいという米国の思惑が見えます。

まとめますと、景気は維持したい=株式市場もこの辺で落ち着いて欲しいので、QE2 は終了するものの、金融緩和状態は継続するのです。
一方、何とか、ドルの下落を阻止して、商品市況の上昇を止めたいのです。

これが米国の戦略だと思います。

もし、この考えが正しければ、株価は、早晩、多分、1ヶ月以内に高値を打つと思います。 その後は急落というより、緩やかに低迷するのではと思います。
これは、米国市場に限らず、世界的に同じ傾向があると思います。
今日の日本株も、震災以降の高値でしたが、まさに、そういう動きです。
ドルと商品市況は基本的には対照的動きになるのですが、残念ながら、先にドル安を試すのだと思います。
つまり、商品市況は上がるのだと思います。

世界の株式市場が高値を取っていますが、米国発の過剰流動性(株高政策)は、QE2の終了をもって、終わるということだと思います。

何だか、今年も、例年通り、「5月売り」の格言通りになりそうな感じがします。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。