記事

習い事や塾で、ママ友からわが子を妬まれた。上手く切り返すには?

大塚常好=文

「○○君って、賢くていいですね。羨ましいわー」。出た、必殺褒め殺し!

作家の内藤みかさんの長男が小学生時代、塾に通っていたときのこと。模試などで好成績を収めると名前が塾内に張り出されるため、そのたびにあらゆる母親から妬み半分で絶賛された。「どうやったら、そんなに点数が取れるの? なにかコツがあるんでしょ?」。

「そんなふうにこちらを褒めながら探りを入れてきた場合、ヘタに謙遜して『ウチの子、何にもしてないんですよ』などと言おうものなら、向こうの褒め殺しモードはさらに拍車がかかります。勉強をたいしてしないのにウチの子は高得点取れるんですよ、と自慢しているように先方は感じ取るからです」(内藤さん)

では、いかに妬み攻撃を防御すればいいのか。内藤さんが考えて、繰り出していた台詞は次の通りだ。

「ウチの子なんて毎日寝坊で、生活習慣が全くなってないのよ」

「少し点が取れるのは数学だけで、他の科目は○○君(相手の子ども)にはかなわないわ」

「要するに、自分の子どものダメなところをどんどん披露するんです。そうするとウチの息子は完璧ではなく弱点がたくさんあることも知り、安心するんです。『夜は机には向かっているみたいだけど、最近は部屋にも入れてくれないし。どうも夜遅くまでゲームしたり、アニメ見たりしているみたいで……』と愚痴るのも有効です」(同)

さらに重要なのは、褒め殺しをしてきた相手の子どものいい部分を逆に褒め返すこと。いわば、そうやって相手の自尊心や優越感をくすぐることで、こちらに向いていた妬みを解消させてやるのだ。

「褒める材料を得るにはふだんから息子から情報収集しておかないといけませんね。学校・塾から帰って子どもがする友人たちの何気ないエピソードを聞き流さないできちんとインプットしておくべきです。小学生、特に男の子の話は『◯◯って、すごいヤツなんだよ』などと大雑把で具体性を欠くことが多いので、『どんなふうにすごいの?』とこちらが詳細を取材することも必要です」(同)

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  7. 7

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  8. 8

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  9. 9

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  10. 10

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。