記事

舛添都知事の公私混同は問題

舛添都知事の金銭感覚、公私混同の政治資金が問題になっています。舛添さんとは、議員時代に、子育て政策など、いろいろ話もしていて、期待していたので、とても残念です。

最初は、2015年10~11月にロンドン・パリに出張した際に、経費が約5千万円かかり、航空機のファーストクラス、スイートルームの宿泊代など、高額な海外出張費が、問題になりました。次いで、2015年4月から1年で計48回、ほぼ毎週末、約100㎞離れている湯河原の別荘と都庁などを公用車で行き来していたことが、問題になりました。

ここまでは、ちょっと庶民の金銭感覚とは違う、という話だと思っていました。ところが、今問題にされている国会議員時代の、自身が代表を務めていた政治資金団体の政治資金収支報告書に、家族との宿泊代や、家の近くでの家族との飲食代など計45万円余りが記載されていた問題は、会議費として記載されているなど、法律違反の疑いも持たれています。

昨日13日の記者会見で、宿泊については、家族と千葉県木更津市のホテルに泊まったが、そこで事務所関係者と会議をしたので、会議費とした。また、飲食代については、責任者に勘違いがあった、などとして、返金するとしています。これは、納得がいくことではなく、公私混同としか思えません。

都民が、どう受け止めるか、また、都議会が進退についてどう判断するかがあると思いますが、謝罪の意思もあまり伝わってこず、このままですませるわけにはいかないのでは、ないでしょうか。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  5. 5

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  10. 10

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。