記事

舛添知事謝罪会見 黒を灰色に!

舛添都知事の謝罪会見が行われました。ある意味予想通りの回答でした。

家族旅行が先に決まっていた。忙しい時期だった。だから家族旅行の一部を使わないと時間がなかった。だからホテル客室内で会議をした。会議をしたから政治活動で良いと思った。自分の行動(リラックス)のための経費だから、家族の費用も経費の一部と考えた。

例えどんな小さな会議であっても文具であっても、自分が政治活動に必要と判断すれば使った費用はなんでも請求して構わないという原則がここにあります。湯河原も公用車も同じ理屈です。そして会見は一般人との公金に対する感覚の違いを明確にして終了しました。

元奥様の片山さんやテレビの有識者はほぼ全て批判。ある意味四面楚歌ですが、少なくとも文春が出た後の法的真っ黒から灰色の状態にしました。 

現在は倫理の問題。(法的に問題ない 何回この言葉聞いただろう)今後検察が動くような問題になるかどうかは今回の発言を否定できる証拠が出てくるかどうかでしょう。

宿の従業員が個人情報をしゃべってもいいのかという問題も上がりました。公人に対するリークは会社の不正と同じという巷の発言を聞いてなるほどとは感じましたが、昔の政治で許されたことが現在の政治では許されるなくなったことだけかなと感じています。

正直公金に対する古い考え方、ある意味驕りがあったのかなと思います。反省するとのことですが、今回の会見はうまくいったのかどうかは都民が判断するでしょう。厚生大臣の時の仕事を尊敬したいただけに少し残念です。

ただ申し訳ないですが、民進党の山尾さん、自民党の小渕さんをはじめ、このような政治資金の話題が次から次に出るのは政治家が悪いというよりそれこそ政治資金、政治活動のシステムが悪いからです。公的な研究費報告を含めて下にはしっかりした金の使い方を要求しているのだからこそ、政治家は自分たちにももっと制限をかけて欲しい。その制限が現実には不都合だというのなら下にも融通を利かせて欲しい。すいません愚痴です。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。