記事

熊本地震と刑務所 ~安否確認の確保~

みなさん、こんばんは。報道にも出ていましたが、熊本地震発生後に熊本刑務所が被災者を受け入れたり、地域の住民の皆さんへ水や食糧の提供を行いました。



職員用の武道館では最大250名ほどの地域住民の皆さんが避難されたそうです。これだけの規模で避難場所として開放されたことは初めてとのこと。

なぜ、これだけ多数の人たちにも食糧や水の供給ができたかというと、矯正施設特有の事情も関係しています。

被収容者は実は災害救助法の対象ではありません。すなわち、災害時に公的な救助が受けられません。そのために自分たちで賄えるように、最低でも1週間分の食糧や水、もしくは水を確保するための設備などが求められています。

なかには、「贅沢な」という批判的な声もありますが被収容者の心身の安定、安全というのはひいては地域の安心安全にも大きくかかわってきます。心情の安定を保つ努力の一つでもあり、災害など特別な状況下で被収容者の安定というのは刑務官の皆さんの負担軽減にもつながります。

災害時にこうした対応がとれたことは東日本大震災での教訓があったことはいうまでもありません。

刑務官はじめ、地域の皆さんの臨機応変な対応にこれからの防災、災害時の対応について多くを学びたいと思います。

そこで、もう1つ私が取り組みたいのが災害時の安否連絡の制度整備です。

例えば、大規模災害が発生した際に被収容者はもとより、家族の安否確認がしたい、しかしながら被収容者にはそれぞれ手紙や電報など外部交通が数や枚数などに規制がかけられています。

東日本大震災の時には、施設の判断、それぞれのトップの裁量によって通常の外部交通とは別枠で電報が許されたりするケースもありました。しかしこうした判断も施設の長の裁量であって、何か明確な基準や、通達があるわけではありません。

熊本刑務所に関していうと「通常の外部交通の手段によって外部との安否確認などを行ったものと承知している」とのこと。

中には、外部に手紙を発信することが月に2回などと決まっているケースもあります。すでにその2回を利用している場合には、出す術がなくなってしまいます。

災害時、緊急事態発生時には、「安否確認のための連絡手段を既定の外部通信とは別枠で許す」といった制度も考えることが必要と思います。

今日開かれた「再犯防止議連」でも保岡興治議連会長からも心強い理解と後押しを頂きました。ぜひとも、災害時における安否確認の連絡手段について個々人の判断や裁量ではなく、制度として担保されるよう働きかけたいと思います。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  5. 5

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  6. 6

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  9. 9

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。