記事

「文庫の20年」に、「救い」はあるのか

ブログ「出版・読書メモランダム」にて、小田光雄氏が文庫状況についてコメントしていた。

興味深い論考なので内容はそちらを読んでいただくとして、そのデータを拝借して、ここで計算・検討しておこう。出版不況については、このブログでも何度も取り上げているし。たとえば売上分析とか。

ざっと見て、文庫の状況は、出版一般と同様、悲惨というかシュリンクが激しい。

1995年と2015年を、有効数字2桁で比較してみよう。

    刊行点数 販売部数 販売金額
1995年 4700点  2.7億冊  1400億円
2015年 8500点  1.8億冊  1100億円
増減比  +80%   -33%   -21%

一点あたり部数 一点あたり販売金額
5.7万部     3000万円
2.7万部     1300万円
-53%      -57%

刊行点数が倍近く増加しているのに、部数も売上金額も減少している。要は――

売れない
 ↓
編集部の予算達成のため、刊行点数増やす
 ↓
書店の棚取り合戦が激しくなり、既刊がすぐ返本されるようになる
 ↓
一点あたりの売上が下がる
 ↓
予算達成が厳しくなり、さらに点数増やす


――といったフィードバックが回っているわけだ。

小田氏は、文庫というコンセプトが「既刊本中心」から「新刊重視・雑誌化」へと変貌した現状について論考を上げていた。

なので私は、一点あたりの部数と売上について書いてみよう。

見てのとおり、どちらも半減と言っていい状況だ。

1万部しか売れなかろうが100万部売れようが、出版社の編集・販売労力的には大差ない(金額差ほどでかくない)。なので一冊あたりの売上が落ちると、利益に大きく響く。

経営陣は編集者ひとりあたりの年間刊行点数を増やし、一点あたりのコスト配賦を下げようとするはずだ。あるいは編集作業を外注化してコストを下げたり。

編集者から見ると、仕事に追いまくられて青息吐息になる。目が行き届かず、グロスで見れば質も落ちるだろう。外注編集者が入れば、一般的には「より効率重視」の編集作業になっていく可能性が高い。

著者から見ても悲惨だ。95年であれば文庫化されれば1点あたり300万円の収入が期待できた。これは販売金額なので、印刷印税が一般的な著者の場合、もっと多い。返本が40%近いのだから、4割増しだろう。

まああくまで平均だ。実際は一部ベストセラーが大きく平均を押し上げている。なので一般的な著者の感覚としてはもっと少ないはずだが。

いずれにしろ現在は、それが130万円ベースの推定となる。さらに編集者は担当著者を大量に抱え流れ作業に従事していて、目配りも疎かになる。「売れる著者」が優先されるため、いくら企画を投げても梨の礫とかね。

かつての文庫は、既刊本のセカンドステージがほとんど。場合によっては「雑誌掲載」>「単行本化」>「文庫化」と回るわけで、著者にとっても「償却済みのコンテンツがボーナスを持ってきた」感覚だろう。

ところが今は文庫書き下ろしも増えている。その場合、稼ぐ機会は(版元も著者も)一度しかない。年2~3冊も文庫を書き下ろしているのに売れず、「ワープア小説家」などという事態も生じているはずだ。そのレベルでは、数年内に注文も途切れそうだし。

この全体状況をなんとかするのは、相当に難しい。すでに「暇潰し」「読み飛ばし」需要は、ほとんどスマホに吸い取られている。

私個人を振り返ってみても、小説を読むモチベーションは現状少なく、読書の時間があるなら実用書に振り分けたいのが実情だし。とはいえ実用文庫は底の浅い奴が多いので、読むなら単行本かな。

……うーん。厳しい中にも突破口の兆しでも見つけて書きたかったんだが、とりあえず思いつかない。今回はグダグダ論考にて恐縮です。継続して考えてみます。とりあえず編集者や著者の方々は、頑張って仕事をこなしましょう、お互いに。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    福島みずほ氏が社民の消滅を阻止

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。