記事
  • mkubo1
  • 2011年03月21日 16:31

日本株は買い推奨が多いが買い急がない方いいのではないか。

今、日本は、なかなか海外を気にしている状態ではないかも知れませんが、海外は、ふつうに動いています。
先週は、世界中で、日本の地震及び原発事故が最大の話題でしたが、原発はいろいろな意味で、まだまだ、話題となると思いますが、地震に関しては、トーンダウンしているようです。
ただ、CNNなど見ていますと、日本のTVの映像と決定的に違うことがあります。
それは、死体(死者)の映像があるかないかです。
ご存知のように、報道では、海岸付近に何百いや何千もの遺体があったわけですが、日本のTVでその様子は放映されていません。
日本では、少なくとも、まだ、精神的に病んでいる中で、そのような刺激が強い映像は、意図的に流していないのでしょう。
が、海外では、そういう映像がこれでもかっていうくらい流れるそうです。
要は、地震や津波の悲惨さを最大に放映しているようです。
ここは、賛否あると思いますが、日本というのは、そういう国なのですね。
(「報道の自由」とは、って考えさせられます。そんなこと言っても、「記者クラブ」がある国ですからね。)

話はそれますが、小沢さんは、この記者クラブを嫌ったのです。
だから、(記者クラブが命の)大手マスコミとの折り合いがいいわけがないです。それは、悪く書かれますよ。
まさに、記者クラブという報道の既得権益を破壊しようとしたのが小沢さんだったのですね。
だから、「ニコニコ動画」なんてのを使うのです。

ここからが、今日のブログの本番です。
地震から1週間以上も経ち、米エネルギー省が「原発は大きく進展している」と発言すれば、世界の関心は、日本から中東へと戻ったようです。
今日、香港の人と話したのですが、ニュースは、ほとんどリビア関連ばかりだそうです。
多国籍軍による軍事行動が始まったのですが、リビア(カダフィ大佐側)は徹底抗戦のようです。
この軍事行動は、ある程度、予想できたものでしたから、原油価格もそれほど上がっていません。
週明けのWTI先物(期近物)で、103ドル近辺です。
先週末が101ドル近辺でしたので、レンジ内(ざっと100から105)だと思います。

ここから分かるように、リビアは、すでに相場には織り込まれています。
問題は、バーレーンであり、サウジです。
原油相場は、100ドル近辺が現状の落ち着きどころであり、そこから、(何事も無ければ)緩やか上昇するのではないでしょうか。
もし、ペルシャ湾岸国へ民主化の動きが拡大すれば、「緩やかな」と言うのが「急激な」に変わるだけだと思います。
今後は、日本の原発問題により、今後のエネルギー政策が大きな議論となるはずです。
その過程で、原油がどういう位置づけになるのか、興味深いです。
が、個人的には、後戻りは出来ないので、原発を進化させて安全性を増すか、クリーンエネルギーを開発するか、だと思います。
多分、原発は捨てることが出来ないのではないかと思います。

そんな原油高は、各国の景気にも影響を与えると思います。
原油が上値(93から94ドル)を抜けてきたのは、2月下旬でした。
つまり、実体景気への影響は、早くて3月以降ですから、経済統計に何らかの影響が出るとすれば、もう少し先だと思います。
そういう状況の時に、各国、特に新興国は、利上げを行っています。
先週17日に、インド中銀が利上げを行いました。
18日、中国人民銀行は、預金準備率の引き上げを発表しました。
これは、しかるべき動きだと思います。
多分、中国は、CPIがまだまだ、高いのだと思います。

こういう再三の利上げにもかかわらず、株価の方は、それほど下がっていません。特に中国ですね。
ここに、バブルがあるのだと思います。
金利が上がっても、資金、特にリスクマネーの流入が止まらない場合は、バブル(実体経済からの乖離が加速する)の末期症状の可能性があります。
多くの人が感じているように、問題は中国なのですが、まだまだ、金利が十分に高くない上に、人民元が(不当に)安く操作されているのが原因なのは明らかです。

どちらかというと、インドや東南アジア諸国のように、調整すべき時に、調整している国の方が健全だと思うのです。


問題の欧州ですが、ECBの利上げが本当に大丈夫かどうか、景気に影響がないか不安です。
ECBには、景気のいいドイツなど、牽引する国がある一方、ギリシャなどのように、どうしようもない国もあるわけです。
今までの構図ですと、ドイツが好調ならば、他の小国も恩恵を受けやすい状況でした。
ここ1、2年、ドイツ経済は、好調なのですが、小国はその恩恵をあまり受けることが出来ません。
理由は、簡単で、以前のように、低利での資金調達が出来ないからです。
すでに、ギリシャとアイルランドは、資金支援を受けています。(自力の調達すら出来ません。出来ても、金利が高すぎます)
こういう時に、利上げをするわけですから、まずは、景気の良かったドイツやフランスが打撃を受けて、その後は、小国に影響が及ぶと思います。
小国は、財政健全化に加えて、利上げで経済運営が相当厳しくなるはずです。

そういう状況ですので、ユーロの利上げは、新興国の利上げとは違って、リスク要因が多いと思います。

最後に、日本ですが、多くの人が「BUY JAPAN」と言っています。WSJにも、バロンズにも出ています。
確かにそうだと思うのですが、こういう大災害の時は、歴史的に、買い急がないことだと思います。
まだ、被害も良く分かっていませんし、復興についても、現政権でやっていくのかも、相当怪しいです(これは意外に重要だと思います)。
WSJ電子版には、異例とも言える菅政権に対する批判記事が出ていたくらいです。

金曜日で日経平均9200円 予想EPS 584円、予想PER15.8倍です(数字はBBGからです)。
もちろん、今後、EPSは落ち込み(実際に企業収益は、大きく影響を受けます)、PERは高くなりやすく(その先の復興する姿を織り込みます)なります。
先週、菅さんのとんでもない発言(原発関連)で日経平均先物は7800円まで売られました。
今度は、実際の地震の影響を織り込みに行くと思うのです。
ターゲットは前回安値の7800円です。もちろん、そこを下回ることは現状(原発の状況)ではないと思いますが、慌てて買わないことだと思います。
ボラティリティも少しは落ち着く方向にあります。
先週金曜日からの日経ボラティリティインデックスは、23.4→40.7→69.9→69.8→67.7→50.0となっています。
為替も同様だと思いますが、目先は別ですが、1、2ヶ月という単位で見れば、まだまだ、どこかで厳しい場面はあると思います

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  9. 9

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  10. 10

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。