記事

シャープ次期社長に鴻海ナンバー2の戴氏、連携強化で再建加速へ

[東京 12日 ロイター] - シャープ<6753.T>は12日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の戴正呉副総裁が社長に就任する人事を発表した。高橋興三社長は退任する。鴻海の出資完了後の臨時取締役会で正式決定する。

出資は6月末の完了を目指す。

出資後は経営陣を大幅に刷新。取締役13人のうち、長谷川祥典専務を除く12人が退任する。新たな取締役は9人で構成し、そのうち6人を鴻海サイドが選出した。そのトップに鴻海ナンバー2の戴氏が就くことで、鴻海との連携を加速する。

シャープの2016年3月期連結決算は、最終損益が2559億円の赤字となり、2期連続での巨額損失となった。液晶パネル事業の不振に加え、構造改革費用などがかさんだ。この結果、3月末時点で債務超過に陥り、東証の基準で8月1日付で1部から2部に指定替えとなる。鴻海の出資が完了すれば債務超過は解消される見通し。

高橋社長は液晶パネル事業の不振について「中国市場の見方が甘かったことに加え、(企業向けが多く安定収益が見込める)中型へのシフトも遅れたことが大きな要因だ」と語った。

数千人規模の人員削減の可能性が取りざたされていることに関しては「鴻海との協議ですぐに希望退職をまたやるということはない」と述べ、現時点では検討していないことを明らかにした。ただ「人員の配置を含めた適正化は出資後にいろいろな検討ができていく」とも述べ、将来に含みも残した。

同社は2017年3月期予想は現時点で算定が困難だとして公表を見送ったが、鴻海との連携加速と本社の堺事業所への移転など経営資源の最適化や人事制度改革などを進めることで早期の黒字化をめざす。

*内容を追加しました。

(志田義寧 編集:吉瀬邦彦)

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。