記事

中国の傲慢と、英国の機微

エリザベス女王が、先日の習国家主席の訪問に際しての中国側一行の対応について、「とても非礼だった」(very rude)と発言されたというのが話題になっている。BBCのサイトには、その動画も掲載されている。 

http://www.bbc.com/news/uk-36263685

動画を見ると、女王は、自らお話になられたのではなく、案内の男性が紹介するときにそのような文脈を持ち出し、警備を担当した女性警察官が発言されたことに対して、簡潔に、しかしずばりと発言されていて、その切り返しの速さと正確さに感心した。

中国が経済発展し、大国意識が出てくる中で、どうしても、「傲慢さ」が表れてきてしまうのだと思う。ところが、英国という、歴史と文化の積み重ねがある国でそれをやってしまうと、儀礼的にはかなりまずいことになってしまう。

中国の価値観として、しばしば、「面子」(メンツ)を大事にする、ということが言われるが、そのことと、英国流の儀礼は少し違う。英国流の儀礼は、相手のことに対する繊細な思いやりであり、面子はむしろ、時に不寛容や硬直につながる。

中国国内では、BBCの放送のうち、当該部分だけがカットされたようだが、このような、送り手側の編集意図を無視した、一方的な検閲も、「面子」を重んじた結果だろうけれども、結果として傲慢であり、繊細さに欠ける。

それぞれの国の文化や伝統には、可能性がある一方で、限界もある。中国の「面子」という価値観には、限界がある。中国はどこに行ってしまうのだろうか。中国が、相手の異なる価値観に配慮した、繊細な対応の文化を育むことを、心から望む。もはや大国なのだから。

そして、今回の女王の発言に見られた、繊細で、しかし簡潔に本質をずばっとおっしゃって、毅然としているという英国の文化の最良の部分は、やはり素敵だと思う。私の英国びいきは、このあたりにあるのだなと思った。

[画像をブログで見る]
Queen filmed calling Chinese officials 'very rude' - BBC NewsThe Queen is filmed saying she understood Chinese government officials had been "very rude" during a state visit to the UK last year.bbc.com

あわせて読みたい

「エリザベス女王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  8. 8

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。