記事

汚職のコストは世界で2兆ドルにも、対策不可欠=IMF

[ワシントン 11日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は11日公表した研究論文で、公的セクターの汚職により、世界経済から年間1兆5000億━2兆ドルの資金が賄賂として失われているとの試算を示した。

だが、納税意欲低下による歳入減でインフラ整備や医療、教育などへの公的支出額が減少するなど、間接的なコストはこれをはるかに上回ると指摘。マクロ経済の安定実現には、汚職対策が不可欠とした。

問題解決にあたっては、透明性や明確な法的枠組み、処罰の確かな脅威、強力な規制緩和の推進が必要と指摘した。

ラガルド専務理事は汚職による直接的な経済コストに加え、「政府に対する信頼を阻害し市民の倫理基準を低下させるなど、汚職は社会により広範な悪影響をもたらす」と述べた。

12日にはロンドンで、英政府主催の汚職対策サミットが開催される。サミットにはラガルド専務理事やケリー米国務長官のほか、ナイジェリアやアフガニスタンの大統領を含む当局者幹部が出席する。

※英文参照番号[nL2N1881FX](契約の内容によっては、英文がご覧いただけない場合もあります)

あわせて読みたい

「IMF」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。