記事

最後に、オバマ大統領は、自分の存在感を主張するか、それともクリントン女史(民主党)を支援するか。

今月(5月)下旬、いよいよ伊勢志摩サミットが開催されます。
その際、米国のオバマ大統領が被爆地・広島を訪問するようです。
果たして、そこで、オバマ大統領が何を述べるのでしょうか。

私は、これまで人の内心を探る仕事をしてきましたので、オバマ大統領の内心も推測してみました。

ご案内のとおり、オバマ大統領は、プラハにおいて核廃絶を演説したことなどが評価され、大統領になって時が経たない2009年にノーベル平和賞を受賞しました。

そのオバマ大統領であれば、間もなく大統領を退くに当たり、最後に、再度、被爆地広島において核廃絶を高らかに訴える可能性が高いと思います。

自らの存在感ないし存在意義を示すためにも、「核は人類を滅亡させる許されざる手段である、 だからこそ、核廃絶が必要だ」と訴えるものと思います。

ただ、ほかならぬ被爆地広島での訴えであることからすると、オバマ大統領は、原爆投下を謝罪するとともに、さらに、「原爆投下が間違っていた」とまで言い切った上で、核廃絶を高らかに訴える可能性があります。
その方が、自らの存在感を歴史に残せるからです。

しかし、そうした謝罪ないし原爆投下の過ちを表明することは、そう簡単には、できないと思われます。
それは、今秋のアメリカ大統領選の情勢に影響するからです。

今秋の大統領選では、オバマ大統領と同じ民主党のクリントン女史と共和党のトランプ氏が戦うことになりそうです。
もし、オバマ大統領が原爆投下について、日本(あるいは全人類)に謝罪したら、日本に対して常に強気の発言を続けるトランプ氏は、きっと、小躍りしながら、「だから、民主党の大統領ではダメなんだ!」と叫ぶことでしょう。

ですから、オバマ大統領が、クリントン候補ないし民主党を苦境に立たせたくないと思えば、謝罪ないし原爆投下の過ちに係る発言は、あえてしない、あるいは、できないと思うわけです。

それでも、オバマ大統領は、果たして、自分の存在感を示す選択肢をとるでしょうか。

あわせて読みたい

「バラク・オバマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。