記事

「夢の核燃料サイクル」をより強固に進める「再処理等拠出金法」が可決

昨日、経済産業委員会で再処理等拠出金法案の審議が行われました。

この法案の目的は、再処理及びMOX燃料加工のためのお金(拠出金)を電力会社から否応なく入り続けるようにし、「核燃料サイクル」を既定路線としてより強固に推進していくことにあります。

度重なる六ケ所村再処理工場の完成遅延(23回延期されています)、核燃料サイクルの要であるもんじゅの事故やトラブルの続出によって、60年以上も進まない「国策」のツケが、1万8000トンもの貯まりに貯まった使用済み燃料です。

それらを再処理すると180トンものプルトニウムが発生し、既にある48トン(長崎型原爆の5000発分に相当)と合計すると、保有量は200トンを超えます。「利用目的のないプルトニウムは保有しないこと」が国際的条約ですので、再処理を進めるということは、そこから分離されるプルトニウムをこれから何十年にも渡って使用するということ。原発の40年ルールをはるかに超え、増設も積極的に行っていくということを意味します。

国民の大半が脱原発を望み、政府も「原発依存度の低減」を掲げている中、それと全く正反対の方向に進めようとしているこの法案に賛成するわけにはいきません。






しかし、自民党、民進党、おおさか維新の会、日本の心を大切にする党の各会派の賛成により委員会を通過してしまいました。
(私は委員会で反対をし、反対討論も行いました)

そして、本日の本会議で最終的に反対したのは日本を元気にする会、新党改革、共産党、社民党、生活の党。

この投票行動を見てお気づきかと思いますが、保守的な理念を持ちながらも原発に反対しているのは日本を元気にする会と改革ぐらいです。
(以前は、みんなの党も「核燃料サイクル計画を廃止し、使用済み核燃料を直接処分する」と明確に謳っていました)

迎合はしない。是々非々のスタンスを貫く。
保守でありながら、リベラルの発想も大切にし、エネルギー政策の転換も目指す。

・・・やはり、そのような考えの政党が日本には必要なのです。

諦めずに、どのように追い求めていくか。

思索の日々が続いています。

あわせて読みたい

「核燃料サイクル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  9. 9

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。