記事
  • mkubo1
  • 2011年03月03日 21:12

欧州の金融政策の行方

今晩、ECBの政策決定会合があります。

議論が深まりにくい問題点が2つあります。
一つは、今のECBに、トルシェさんの後継者の本命がいないことです。どの方も、帯に短したすきに長しという状態のようです。
もう一つは、こちらの方が影響が大きいような気がしますが、大国ドイツ代表は、辞任する(レイムダックの)ウェーバーさんなのです。
新総裁のワイトマンさんは5月のECB会合から出席となります。

まず、こういうちょっとしまりのない状況であることを頭に入れて、ECBの会合を見てみるといいと思います。

今回は、ある程度は、インフレ抑制の姿勢を示すのだと思います。
原油価格の上昇によるインフレ懸念は台頭しているわけですから、インフレについて、どういうトーンでその姿勢を示すかです。

しかしながら、ユーロには、常に爆弾があります。
今は、ポルトガルですが、金融支援を求めてくる可能性は十分にあるわけです。
が、3月のEUサミットでは、欧州ソブリン救済策は、否決となる可能性が高いので、またまた、ポルトガルが問題になりかねないのです。
となると、金融市場が、毎度のことですが、(後々落ち着くことがわかっていても)混乱してしまうので、金融政策にも、影響が出てしまうかもしれません。

こういうことを考えますと、以前のタカ派一辺倒からは、開放されて、万能型の金融政策を取ってくるように思います。
つまり、緊縮財政策を行う(ユーロの信用を上げる)ということは、金融緩和が合理的な政策となります。
インフレ率だけに目を奪われると、ユーロの信認(健全な財政)という最大の問題が解決できなくなるかもしれません。
(だから、ウェーバーさんは、メルケルに切られたのですが)

ユーロの金融政策が動くとすれば、早くても、5月以降となるのではないでしょうか。現実的には、もっと遅いのだと思います。
利上げを早める要素は、唯一つで、急激なCPIの上昇だけです。
それがなければ、後は、利上げを遅らせる要素の方がい多いと思います。

こういう背景があるからこそ、欧州の株価は、相対的に強いのです。
特にドルベースで見ると、年初来のパフォーマンスは、世界で断トツなのです。

今日のコメントにもありましたが、欧州の土地の価格が上がっているのは、まったくもって、同じ理由です。
利上げがしづらいのがわかっているので、過剰流動性がおきているのですね。

傷んでいない欧州の土地(南欧はダメですが)は、資金が向かいやすいのでしょう。



話は米国に飛びます。
明日の晩は、雇用統計です。
予想は、次の通りです。
非農業部門雇用者数変化 195,000人増加 (前回 36,000人増加)
失業率               9.1%     (前回 9.0%)
今回は、上ぶれを予想する声が聞こえてきます。改善するということです。

先日のISMの時は、いい数字にもかかわらず、マーケットは、大きく下落しました。
もし、雇用統計がいい数字でも、マーケットが上がるかどうかここは注目です。
いい数字が出て、マーケット上がるどころか、逆に下げるようですと、これは、下がるサインになりますので、要注意なのです。リンク先を見る私が何回も書いていることなのですが(今日のコメントにもありましたが)、バーナンキさんが望んでいるのは、住宅価格の上昇と失業率の低下です。

グラフを2つ添付しておきます。

1つは、S&Pケース・シラー指数です。もう1つは、失業率です。

この2つが赤い矢印の方向へ向かうことが、バーナンキさんの望みなのです。

極論を言えば、この2つだけ見ておけば、長期的な見通しは、まず、はずさないと思います。今のところは、小康状態なわけです。

リンク先を見る

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。