記事

プライベートバンキング 何ですか、それ? - パスカル・ヤン (著述家)

1/3

唐突だが、ローマのバチカンに行ったことがあるだろうか。巨匠ミケランジェロデザインの軍服をまとったバチカン衛兵の写真くらいは見たことがあるだろう。彼らはスイス人だそうだ。スイス人の傭兵ということになる。

 古来、スイスには耕す土地もなく、新教徒がフランスから逃げ込むまで時計産業もなかった。男は成人になると諸国に傭兵として出稼ぎに出ることが多かったようだ。

 一旦戦争になれば、土地の貴族とスイス人傭兵が戦列を組むことになる。貴族は、騎士として馬に乗り、多くは後方に控えているが、兵は、白兵戦をやらねばならない。

スイス人傭兵から始まったプライベートバンク

 スイス人傭兵は、国に残した妻や子に給金を送金することになるが、当時のこと、いささか不便であった。運送業者が証文を発行するなどのシステムはあったようで、その運送業者などのスイス側の受け手が金を預かり、自然に銀行業が発生した。

 これが本物のスイス・プライベートバンクだ。一時は数十あったが、今は十数行のみとなっている。

 戦乱が起きると、ファイトマネーも上がり、入金も増えることになる。また、革命がおきれば、貴族階級がスイス・プライベートバンクに金を持ち込むのだ。

 現在の大手どころは、各国の革命のたびに業容を拡大している。

 しかし、あるとき、守るも攻めるもスイス人だということに気が付き、また、時計などの産業も生まれ、一方、美しい国土は産業革命で豊かになった英国人らの観光地となることも学び、傭兵業は激減。今ではバチカンに残るのみとなったのだ。

 その間、スイス人は傭兵として、たくさん血を流し、そのおかげで平和があるのだとし、スイスの国旗は血の海に浮かぶ白い十字架となったともいわれている。

あわせて読みたい

「相続税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  8. 8

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。