記事

文系学部廃止 瑣末な議論は終わりにしよう 『「文系学部廃止」の衝撃』吉見俊哉東京大学大学院教授インタビュー - 本多カツヒロ

1/3

「文系学部廃止」…昨年の夏、突如注目を集めた国公立大学の「文系学部廃止」報道。渦中の文系学部教授はこの問題で何を思ったのか。話題の『「文系学部廃止」の衝撃』(集英社)を上梓した社会学、都市論、メディア論、カルチュラル・スタディーズなどを専門とする吉見俊哉東京大学大学院教授に話を聞いた。

ーー今回の本では、昨夏に突然メディアを騒がせた「文系学部廃止」報道に異を唱えています。まず、その報道の問題点や本の内容について教えてください。

吉見 今回の本では、前半で昨夏の「国立大文系学部廃止」報道についてのメディア学的な検討と文系擁護論に対する私の考え方を、後半で文系学部、さらに日本の大学は今後どうすれば良いのかについての長期的ビジョンを示しました。 

画像を見る
『「文系学部廃止」の衝撃』


 昨年の夏、突然、文部科学省が「国公立大学の文系学部廃止」という通知を出したとメディアが報じ、世の中が炎上することになりました。これは昨年6月8日に文科省が「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」という通知を出し、その中で教員養成学部や人文社会系学部について組織の見直し、場合によっては廃止や社会的要請の強い分野への転換に取り組むように要請したことを受けてのものでした。

 文系学部に厳しい通告ですが、文部科学省は決してこの時、初めてこうした通知を出したのではありません。少し調べればその約1年前、14年8月にもほぼ全く同じ通知が出ていることに気づくはずです。また、13年の「国立大学改革プラン」でもそれらに通じる論点は出ていました。

 それどころか教員養成学部や大学院の廃止や転換は00年代初頭の国立大学法人化に際して政策として打ち出されていた。このように少し調べればわかることなのに、突然「文科省が文系学部廃止の通知を出した」と報じたジャーナリズムの劣化が問題だと思いますね。

 このようにメディアが報じた背景には、同時期に国会前で安倍政権の安保関連法案に対しデモが行なわれ、政府が強行採決をしたのに対し、メディア側が政権叩きの材料を探していたとも考えられます。また、この頃には文科省が管轄する新国立競技場のトラブルもありました。文科省自身からすれば、その前年にすでに同じ通知を出しているのに、突然、炎上したことにビックリしたと思います。

 私自身はこの文科省の方針に問題がないとは思いません。しかし、メディアがこの問題を取り上げるのであれば、前年にも、13年にも同じ通知があり、そういった方向性は国立大学法人化の頃から一貫して続いていると報じた上で、批判すべきです。突然通知が出されたように報じるのは、誘導し過ぎだと思います。

ーーメディア以外の組織や個人もこの通知に対し賛否を表明し議論が巻き起こりましたが、その他の意見についてはどうでしょうか?

吉見 日本学術会議や経団連もこの通知に反対を表明しました。たとえば経団連は文科省の通知に対し、自分たちはすぐに役に立つような実用的な知識の養成だけを大学に求めているわけではない。「基礎的な体力、公徳心に加え、幅広い教養、課題発見・解決力、外国語によるコミュニケーション能力、自らの意見を論理的に発信する力などは欠くことができない」と主張していきました。この主張自体は、その通りなのですが、文系学部と教養教育は同じではありません。

 つまり、昨年の騒動は人文社会系の学問に関する認識不足や、この20年間に文系に起きてきた変化についての認識不足を露呈することとなりました。

ーーそもそも前提とする認識が間違っていたと。他にも気になった議論はありましたか?

吉見 それが、この本の中の一番重要なポイントです。去年の議論の中で私が違和感を持ったのは、「文系の知は役に立たないけれど価値がある。だからこそ廃止すべきではない」という反論です。しかし、「文系は役に立たない」と言ってしまった瞬間に、廃止するという議論に根本的には対抗できなくなってしまう。

 特に考察すべきなのは、「理系は役に立つけれども、文系は役に立たない」という認識が、国民一般に暗黙裡に浸透している状況です。これこそが問題で、極端に言えば90年代末以降の日本の凋落のひとつの大きな要因だとも言えるのです。

 私は「文系は役に立つ」と確信しています。だから、文系学部はどのように役に立つのか、その「役に立つ」とはどういう概念なのかをこの本で論じました。

ーーそれでは役に立つとはどういうことでしょうか?

吉見 「役に立つ」には2つの意味があります。1つ目は、すでに与えられた目的に対して手段として役に立つこと、手段的有用性です。例えば、大阪まで最も早く確実に行くのは新幹線です。だから、新幹線の技術は素晴らしいし、それを作ったのは日本の理系の技術力である。だから理系は役に立つ、そういう有用性です。確かに、目的に速く到達するにはそうかもしれませんが、その場合には、目的が所与です。つまり、何らかの所与の目的に対して手段として役に立つことは、目的やそれを支える価値が変わってしまえば役に立たなくなるのです。

 しかし、そもそも社会にとって何が重要な目的であるかは人々の価値観や社会の価値軸によって決まるのです。そしてその価値軸は、数十年単位で必ず変化する。ですから、そうした歴史の流れの中で、現在、多くの人が当たり前と思っている目的や価値を批判し、新しい目的や価値を創造する価値創造的な有用性があります。これが、2つ目の「役に立つ」です。これこそが文系の知の本質なのです。

あわせて読みたい

「文系学部廃止」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  7. 7

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    河野太郎氏“年金の財源は消費税”発言に「勘弁して」と経済政策に高まる不安

    女性自身

    09月20日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。