記事

ドル107円半ば、材料待ちの中で小幅に強含む

[東京 9日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の107円半ばだった。午後はしばらく小動きが続いていたが、特段材料が見当たらない中で強含み、一時107円後半まで上昇した。

正午過ぎのドルは107.20─30円台で小動きが続いていた。「雇用統計でも動かなかったので、次の材料待ちという感じ」(国内金融機関)との声も出ていたが、午後2時ごろからじりじり上昇。一時、4月29日以来の高値となる107.69円をつけた。

目立った材料はなかったが、基本的にドル安の修正が起きやすいとの指摘も市場ではあった。「米雇用統計はいい内容という訳ではないが、時間当たり賃金が堅調に推移しており、6月利上げの可能性が残った。ドル売りの巻き戻しが入りやすい」(別の国内金融機関)との指摘が出ていた。

<午前は方向感欠く>

午前のドルは方向感が出なかった。前週末の米雇用統計発表後に一時106.44円まで下落したが、その後、ニューヨーク終盤にかけて反発した流れを受けて、ドルは東京時間朝方にかけて底堅い動きをみせた。

その後、連休明けの実需のドル買いフローも手伝い、一時107.63円まで上昇したが、「(弱い)米雇用統計の結果をふまえれば、108円台まで買い進めるものでもない」(国内銀)との声も聞かれ、上値は伸び悩んだ。

麻生太郎財務相の発言が伝わったが、市場の反応は限定的だった。麻生財務相は、米国が日本の為替政策を不当と考えていることはない、と述べたほか、為替政策が制約を受けていることはないとし、「為替の急激な変動は望ましくない。その場合は介入する用意がある」と語った。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在  107.56/58 1.1395/99 122.57/61

午前9時現在  107.36/38 1.1384/88 122.23/27

NY午後5時  107.10/12 1.1407/12 122.03/07

(為替マーケットチーム)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  9. 9

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。