記事

トランプのアメリカの出現で日本の防衛産業が飛躍的に成長するはず

長期的に考えれば、悪いことではない。

日本の防衛力に穴が開いて、その穴を狙って周辺の国々が様々な工作を仕掛けてくるようだと困るが、将来的にはアメリカの基地が撤退を決めても日本はそれなりに適応するはずだ。
10年もあれば何とかなる。

自衛隊員の確保は難航するだろうが、アメリカの軍需産業が担ってきた役割を日本の防衛産業が担っていくくらいのことは出来るはずだ。
ドローンもロボットも、日本の科学技術力をもってすれば軍事用にいくらでも転換できる。
オーストラリアの潜水艦の受注には失敗したが、在日米軍基地がなくなれば、日本の防衛産業のみならず日本政府自体が様々な武器開発に乗り出すはずだ。

アメリカの軍需産業の更なる発展を念頭に、アメリカを豊かな国に転換しようと声高に過激な在日米軍基地の撤退を言い出したトランプが臍を噛むような事態が出来するかも知れない。

日本に自主防衛努力の強化を求めるということはこういうことだ。

アメリカの自動車メーカーの衰退がプア・ホワイトを招いたのと同様のことが、トランプのアメリカの出現でまた起きるかも知れない。

アメリカのために良かれと思ったことが現実に逆の結果を招くとしたら、これは喜劇としか言えない。

クラウンプリンスでないトランプは、ただのクラウンかも知れない。
同じクラウンでもRのクラウンとLのクラウンとでは大違いである。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    池袋事故 被害者の実名は必要か

    かさこ

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。