記事

FRANCE破毀院が、自己の出自を知らされない権利を認めず

DALLOZの学生向け記事Le droit de ne pas connaître ses origines : la Cour de cassation refuse !によれば、フランス破毀院2016年3月31日判決は、自己の生物学上の親を知りたくないのに、出生証明書の全部謄本に記載されていたため、権利が侵害されたとして損害賠償を求めた事件において、原告の請求を棄却した原判決を支持した。

この事件、2006年に出生証明書の全部謄本を請求して交付されたところ、それには1966年に« légitimation adoptive »と呼ばれていた制度により養子となったことが記載されていたというのである。

« légitimation adoptive »とは、日本の特別養子制度のように実親子関係を切断する効果を持ち、養親子関係を嫡出なものとするもので、1939年のデクレ・ロワで導入された。主として親のない子や捨てられた子と子のないカップルとを結びつけるものだが、その養子縁組の事実は出生証明書の余白に記載される。

そして、1966年7月11日の法律によりこの« légitimation adoptive »は廃止され、新たに完全養子縁組 adoption plénière を導入した。この制度の下では、元の親子関係については一切記載されないものとなった。
本件原告の養子縁組は1966年4月のことで、まだ« légitimation adoptive »の下であったが、1999年5月11日の身分証書に関する一般指針においては、生物学的な実親の完全性を保護するために、« légitimation adoptive »による養子に対して出生証明書の全部謄本を交付することを禁じ、その請求があれば共和国検事に通知するよう規定されていた。

Instruction générale relative à l'état civil du 11 mai 1999

ところが身分証書管理官はこれを見誤り、養子の請求に応じて出生証明書の全部謄本を渡してしまったので、今回のようなこととなったわけである。

原告は上記の指針に反することを持って過失責任があるとして損害賠償を求めたが、破毀院は、指針は規範ではないとして、知りたくなかった養子縁組の事実を知らされたことによる損害賠償請求を否定した。

特殊フランス法的な中での事例であったが、出自を知る権利・知らされない権利といった問題に一石を投じる事例ではある。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。