記事

闇カジノは獲物を得るためにワナを仕掛けている - 須田慎一郎

その「闇カジノ」は、大阪切っての繁華街、キタ新地の一角にある。外見上は、ごくごく普通の飲食店ビル。

しかし注意深くビルの外観を観察してみると、ある不自然な点に気が付くことになる。

その不自然な点とは、ビルは10階建てであるにもかかわらず、このビルに入居している店舗の外看板が5階までしか掲げられていないことを指す。
実はこのビルの6階から上は、建前上は「会員制ホテル」となっている。このホテルのフロントは、6階部分に設けられており、フロントへ行くには、専用のエレベーターを利用することになる。

もうすでにお気付きになった読者も多いと思うが、この会員制ホテルこそが、まさに「闇カジノ」なのだ。

実際に「闇カジノ」に入店しプレイするまでには、監視カメラ付のエレベーター、フロントなど、いくつものチェックポイントをクリアしなくてはならず、かなり厳重な警戒体制が敷かれていることが窺える。

そしてこの「闇カジノ」を仕切っているのが、関西エリアを地盤とする某広域暴力団なのだ。

大阪府警幹部が言う。「違法トバク、闇トバクのほとんどが、暴力団の支配下にあると言っていいでしょう」

改めて指摘するまでもなく、公営ギャンブル以外のギャンブルは、法的には違法行為として位置付けられている。(ちなみにパチンコはギャンブルではなく、建前上はあくまでも遊技)

そして違法ギャンブルに関しては、そのほとんどのケースで暴力団が仕切っていると言っていいだろう。

「もし仮にカタギ、シロウトが違法ギャンブルに進出したとしても、ほぼ100%暴力団に潰されるか、その支配下に置かれることになる」(関係者)

ここ近年、そうした違法ギャンブルの中にあって、最もメジャーな存在となりつつあるのが、インターネットカジノだ。

その仕組みを簡単に説明すると以下のようになる。

まず日本側の主催者(暴力団)は、外国(主として東南アジア)の政府公認カジノとの間で業務提携の契約を正式に結んだ上で、日本側の闇カジノと政府公認カジノをインターネット回線で結ぶ。その際に、第三国のサーバーを経由させることがポイントだ。

そしてディーラーは海外カジノ側に立ち、日本の闇カジノ側に客、というスタイルだ。ディーラーが配るカードには特別な仕掛けが施してあって、ディーラーが配ったカードはリアルタイムで客側に表示される。

この種のインターネットカジノは、新宿、六本木、赤坂、などで営業しているとされる。

「一ヵ所の闇カジノで、一ヵ月の売り上げは100億円にも達するといいますから、暴力団にとっても相当に太いシノギになっています」(関係者)

もっともこうした闇インターネットカジノの場合、これまで警察当局から摘発されたケースは絶無だ。 「インターネットカジノの場合、サーバーを第三国に置くなど、様々な仕掛けが施されており、仮に現場を押さえたとしても、摘発するのが非常に難しいのです」(警察関係者)

「摘発されにくい」ということは、客にとってみれば、安全性が高いということに他ならない。

そうしたこともあって、このインターネットカジノは、闇社会では大きなブームになっていると言っていいだろう。

こうした闇カジノの常連客は、芸能人やスポーツ選手などの他に、比較的社会的な地位の高い人種、例えば企業経営者、医者、弁護士などが多いとされる。

「いずれにしても新宿や六本木の闇カジノの場合、ギャンブル依存症とおぼしきハイローラーが続々と集まってくる。彼らの賭金は大きいですから、胴元もそれなりの資金力が必要になってくる。それだけに山口組や住吉会など、有力組織の独占ビジネスになってくるのです」(警察関係者)

闇カジノサイドにとって最も重要な作業は、やはり何と言っても優良顧客の開拓だ。

数年前に、こんなことがあった。

都内に店舗を構える老舗料理屋でのこと。

ある時から、その店に都内に本社を置くIT企業の社長を名乗る人物が足繁く通ってくるようになった。店で使う金も、毎回相当な額にのぼっていたという。

店にとってみれば、間違いなく優良客だ。店のオーナーが挨拶に顔を出すと、2人はたちまち意気投合し、時々、連れ立って飲みに行くようになったという。

ある時、若手経営者がオーナーをこう誘った。

「ちょっと面白い店があるんですが、一緒にどうです。」

行ってみるとそこは、闇カジノ。若手経営者に手ほどきを受けるや、オーナーは、たちまちギャンブルの魅力にハマってしまったという。

最終的に、その主人はバクチの負けで多額の借金を抱え、店を手放すことになってしまった。
まさに絵にかいたような転落劇だ。

ここで改めて指摘するまでもなく、このエピソードに登場する若手経営者(おそらく自称だろう)は、カジノ側とグルだったことは間違いない。

闇カジノは、何も黙って獲物を待ち構えているばかりではない。むしろ自ら進んで獲物を得るために、様々な形でワナを仕掛けているのだ。

(すだ しんいちろう)経済ジャーナリスト。1961年生まれ。東京都出身。

日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続けるかたわら、テレビ朝日「ワイドスクランブル」、「サンデーフロントライン」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務めるなど、政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

あわせて読みたい

「野球賭博」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。