記事

時間半分ローコスト!「100円文具活用法」 - 「作業時間を半分にする」プロのひみつ道具35:Part3

1/2
大高志帆、唐仁原俊博=構成 加藤ゆき=撮影

モチベーションを上げ、作業効率をアップしていくためにも、いい加減なアイテム選びはご法度だ。仕事のプロ、文具のプロ、100円文具のプロが使う「ひみつ道具」をご紹介。

作業時間半減を達成するために、必ずしも高価なツールは必要ない。

「安くすませられる場面では徹底的に安い物を使うことで、お金をかけるべきところに集中的に投資することができる。だから100円ショップはビジネスマンの味方なのです」

そう語るのは100円文具愛好家の大槻達也氏。毎週金曜日に開催され、マニアから文具メーカー社員までが集う文具朝活会において、「100円部長」という肩書を持つ。

事務効率化コンサルタントのオダギリ展子氏も100円文具活用の効用を、こう説明する。「デスク周りを整頓したり、書類整理の仕方をちょっと工夫するだけで、作業時間の圧縮や、ケアレスミスの撲滅につながります。大事なのは、ツールの価格ではなく、生かし方。100円文具も、使い方次第では何倍もの時間や価値を生み出します」

もともとは原色系の派手な色使いやチープな素材感から、安物っぽい印象を与えかねなかった100円文具だが、最近では落ち着いた色み・デザインの製品も登場し、ビジネスユースにもなじみやすいアイテムが増えた。それらの製品を、試行錯誤しながら、より使いやすくなるようカスタマイズしていくことも100円文具活用の醍醐味のひとつだ。

「失敗してしまっても、新たに買い直せばいいだけ。なにせ100円ですから、財布も痛みません」(大槻氏)

ただ、100円文具ならではの注意点もある。それは製品取り扱いの終了だ。「ロングセラー以外はすぐに品揃えが変わるのも100円ショップの特徴です」(大槻氏)。気に入った製品がいつまでも店頭に並んでいるとは限らないので、いざというときのために、複数個ストックしておくのもいいだろう。出費はほとんど変わらない。

それでは、2人のプロが教える100円ショップで購入すべきアイテムと、その活用法を見ていこう。

デスク整理編

【1】視認性&効率アップ! クリアケース整頓術
――クリアケース マチ付(ダイソー)
同じタイミングで使う物や、系統ごとに道具をまとめておけば、必要なときにさっと取り出せる。定番のバッグインバッグの代わりにもなる。文房具の基本セット、外回りのときに持っていくセットなどで分けておけば、かさばることもない。

【2】紛失しがちな切手や領収書をまとめて貼り付け
――マグネットカードケースA7(キャンドゥ)
切手や領収書等の小さな紙片が、書類にまぎれたり、引き出しの奥に入り込んでしまった経験はないだろうか。必要なときに引き出しをひっくり返して探さなくてもいいように、カード入れにまとめ、引き出しの壁面に貼り付けておくのがいい。

【3】場所を取らない立体収納で、探し物とさよなら
――デスクラボ ハガキサイズ3段スタンド クリア(キャンドゥ)
頻繁に使う物はいちいち片付けず、机の上に出しっぱなしという人もいるだろう。しかしデスクが物であふれ、探し物で時間を無駄にすることも。少ないスペースで、必要な物へのアクセスが容易になるよう、立体的に収納するのがベストだ。

【4】設置場所を選ばない“磁石付き”小物入れ
――タルミー201[スリム]、タルミー202[ワイド](キャンドゥ)
スチール製の机や棚を使用しているなら、ぜひとも活用したい磁石付きの収納。作業のたびに片付けて、必要なスペースを確保しなくてもすむよう、机の上に置く物は最低限にしておきたい。取り外しが容易なので、設置場所の吟味も苦にならない。

情報整理編

【1】カタログ類を簡単整理、綴じたままでも閲覧可能
――Days 20ポケットファイル A4横入れタイプ(キャンドゥ)
横入れタイプのクリアブックはカタログや小冊子の整理にも威力を発揮する。冊子の最初のページだけをファイルに入れると、いちいち取り出すことなく全ページを見ることができる。多くの製品カタログに囲まれている人はぜひ試してみてほしい。

【2】コンパクトながら長期間の予定が把握可能
――コンパクト卓上カレンダー 3ヶ月タイプ(ダイソー)
前後1カ月や、これから先2カ月分など、3カ月分を一度に表示可能なカレンダー。「先月のミーティングはいつだったかな」と手帳をいちいち見返す必要がなくなる。コンパクトサイズなので、PCモニターの上など、設置場所を選ばない。

【3】かさばるA3書類もコンパクトに収納
――サイドインファイル(キャンドゥ)
A3サイズの書類を折りたたんでファイリングするのは面倒な作業だ。あとから参照する際にも、いちいち手間がかかって効率が悪い。そこで活用したいのが、A3の書類を見開きで収納可能な横入れタイプのA4サイズのクリアブックだ。

【4】散らかる前に入れるだけ、名刺整理の強い味方
――トレーディングカード用ポケット ハード厚口タイプ(キャンドゥ)
本来はトレーディングカードを入れるためのものだが、一般的な名刺のサイズよりひと回り大きいため、同じ会社の人をひとまとめにするなど、名刺を整理するのに役立つ。特殊なサイズの名刺も、これに入れればサイズが揃い、より整理しやすくなる。

【5】ToDoリストにも使いやすい「方眼カレンダー」
――卓上カレンダー 方眼タイプ(ダイソー)
毎年、各100円ショップがさまざまなデザインのカレンダーをリリースしているが、オフィスで使える落ち着いたデザインで、なおかつ使いやすいのが、方眼タイプのもの。予定を書き出し、チェックボックスを設ければ、ToDoリスト代わりにもなる。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。