記事

オスカー獲得目指した スターたちの知られざる攻防 アカデミー賞こぼれ話(後編) - 川尻勝則 (アメリカ・クラシック映画研究家)

1/2

 当初は6回も続いた2年間に1回の授賞式という変則的な第1回目のアカデミー賞の授賞式はルイス・B・メイヤーの招待状を手にしたアカデミーメンバー36人と100ドル払って入場したゲストの約270人が参加しての表彰式だった。

 最初に挨拶したのはアカデミー賞のキー・メンバーのルイスB・メイヤー。「お陰様でやっとアカデミー賞がスタートできました。芸術性とビジネスの両面が両輪となっていい映画が生まれるものと信じています」。

 第1部がパーティー形式の夕食会。第2部の最初にアカデミー賞のメンバーや組織や規則についての説明があり次にオスカー授与に移り会長のダグラス・フェアーバンクスが受賞者にオスカーを手渡している。簡単・簡素であっという間に終わってしまっていたがこれから先のハリウッド映画が世界に羽ばたけるように夢と希望がいっぱい詰まった注目すべき事業だったことには間違いなかった。

たった4人で決められた受賞者

 会員の誰がどんな風に投票して決めたのかは知るとなんとも恐ろしい思いもするが、メインの4部門の作品、監督、主演の男女優に関してはたったの4人の会員の投票で決められていたのだ。主演男優賞にはドイツの大物役者、エミール・ヤニングス(ハリウッド短い滞在中、ジョセフ・スタンバーグと息が合いぜひドイツで一緒に映画を作らないかとの話が実りあのヤニングス、ディエトリッヒ主演の「嘆きの天使」が生まれている)、女優賞がジャネット・ゲイナーだったこともありアメリカ国籍を持たないドイツ人、そしてアカデミーの会員ではなかったジャネット。もろもろの条件があったにしろ第1回アカデミー賞は国境の差別もない極めてグローバルな賞として話題になっていた。

 アカデミー賞の歴史をチェックしてみると果たしてシステマティックに行われていたのかと言えば、かなりのスキャンダルもある。4000枚の投票用紙がミス配達、事前に55個のオスカー像が盗まれたことが見つかった時の協会役員の驚き様は大変だった。

 アカデミー賞でオスカーを手にするにはまずノミネートされないと第一歩が始まらない。ノミネーションはスター街道への第一歩で注目されるハリウッド映画出演のチャンスが大きく広がるというメリットがある。渡辺謙もそうだがハリウッド映画史上その名を残せるのがアカデミー賞のノミネーションなのだ。

アカデミー賞受賞夢見たスターたちの攻防

 アカデミー賞のノミネーションを得たいがために頑張ったハリウッド人は多い。MGMのトップ・プロデューサーのアーヴィング・タルバーグは妻のノーマ・シアラーのために。マスコミの帝王ハーストは愛人のマリオン・デービスのために親友のルイス・B・メイヤーに何回も力を貸してくれと頼む。タイム誌はそんな彼をオスカマニアと呼んだ。ジョン・ウエィンは自作の「アラモ」のために。セルズニックは愛妻のジェニファー・ジョーンズのために。いずれも失敗している。ノミネーションとは何かがこれで分かってもらえるだろう。ノミネートされないことにはあのオスカーを獲るチャンスがないのだ。たとえ大きな難関であるノミネーションの獲得が出来たとしても最後のオスカーへの道はさらに険しくて遠い。

 このオスカーを手にするにはどんな秘訣があるのだろう。会社、スタジオの都合により是を非とし非を是とする怪しい事象がうごめく世界で大変な努力をしなければそのチャンスは回って来ない。

 先ずは投票者にたくさん観てもらえるような上映の機会を増やすことから始まる。ビデオやDVDや原作本などの送付を決して怠ってはならない。キャンペーンの時期の5月ごろから翌年の1月までが勝負の時だ。特に小さなプロダクション作品のパブリシティ費用の金遣いは大きい。ゴシップ・コラムの利用や投票者の住まいがあるロサンジェルスやニューヨークでのテレビのスポットの効果も大きい。

 やっぱり最大の効果を発揮するのはスタジオの強力なバックアップだろう。別名プロデューサー賞と呼ばれる作品賞には芸術的、政治性の色濃い作品は敬遠される傾向がある。優先されるのは常に安全性と極めて保守的な作品が歓迎される場合が多い。どちらかというとかつてアメリカ映画が西部劇と共に大きく成長したにもかかわらず何故か西部劇は冷遇される。ファンタジー物やSF物にも冷たいのがアカデミー賞の実態だ。

 その決定の例を少し語ってみたい。所謂クラシック名画の世界で語れば、1945年の作品賞の対決作品は「市民ケーン」対「わが谷は緑なりき」、1955年では「陽の当たる場所」対「巴里のアメリカ人」1952年の「真昼の決闘」対「史上最大のショウ」、1956年の「ジャイアンツ」対「80日間世界一周」。よくお分かりのことと思うがすべて後者の作品がオスカーを手にしている。

オスカー受賞を左右するノミネーション数

 比較的新しい例から、今でもハリウッド映画史上No1興収を挙げた「アバター」(2010年作品)が第82回アカデミー賞(2011年2月27日)でライバルの「ハード・ロッカー」に敗れ、オスカーを手にすることが出来なかった原因の一つになった魑魅魍魎の選出の仕方についてどうしても語っておかねばならない。この年の作品賞のノミネーションの数の5作品から10作品に増えているのだ。これまでに作品賞のノミネーションは一番多い時が12作品。10本、9本、8本と変則ノミネーションの時代もありレギュラーでは5本のはずが時々変化しているのがどうも怪しいと常々思っていたのだが第82回では10本になっていた。

 このノミネーションの数が増えてくるとなかなかオスカーの行方がつかめなくなる。10作品となると自然と得票数にばらつきが生じ第1位を獲るのが厳しくなってくる。この年の投票の方式が何故か新しく変わってノミネーションに順位をつけて投票してゆく方式になっていた。過半数以上で一つの作品が1位にならない限り2位、3位と多く挙がった作品の方が勝ちやすいことが起こるようなシステムになっていたのだ。

 前評判の高かった「アバター」が1位となる投票数がいちばん多かったにしろそれが過半数に満たい場合は受賞とみなされない。そのために2位、3位に挙がった作品を全体票に加算していくのだが多分2位、3位に「ハートロッカー」に一番多く入っていたのでは推測される。故に「ハートロッカー」が作品賞に決定したみたいだ。アカデミー賞に興味があったら作品賞のノミネーションの数にいつも注目していてほしい。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  4. 4

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。