記事
  • Sozen

需要不安で原油相場の上値重い

5月30日はメモリアルデーの祭日で、NYMEX のフロア取引は休場です。WTI 原油先物の電子取引は一旦$100/bblの大台を割れたあと切り返し、$100/bbl台前半での推移と前週末終値に比べて小幅安の水準で31日のアジア時間を迎えています。

$100/bblを挟んだ保ち合い展開が続きますね。
米国の景気減速懸念や欧州の信用不安、日本の震災復興の遅れにインフレ抑制で成長鈍化の中国経済と原油需要に対する弱気観測が目白押しです。

一方、リビアでは内戦の硬直化で石油生産本格再開の目途は立ちません。政府軍が反体制派の資金源にダメージを与えるためベルガなど東部の石油関連施設を攻撃という観測も聞かれます。
イエメン情勢も悪化の一途で、政府治安部隊対反体制派部族といった武装勢力同士の衝突だけでなく、デモをする群集に対する発砲で多くの死傷者を出しています。アルカイダ系組織の暗躍も伝えられますね。

リビアにせよイエメンにせよ、原油の出荷量低下は既に市場に織り込まれていますが、供給停止の長期化によって次第にタイト化すると予想されている世界の石油需給への影響が懸念されます。
とはいえ、景気減速で需要が落ちれば前提条件が変わりますね。

ロイターの調査によるとOPEC加盟12か国の4月の産油量は日量2,890万バレルで、3月の同2,879万から増加ということです。サウジアラビアを除くと加盟各国の余剰生産能力はそれほど大きくないとされますが、日量3,000万バレル程度くらいまでなら余裕でしょうね。
いずれにせよ、現行生産枠の日量2,485万バレルは大きく超過していますが、8日の総会ではどういう決定が行われるのでしょうか。

財務省によると、4月の日本の原油輸入量は1,697万klで前年比14%減となっています。日量換算では356万バレルで、3月の日量361万バレルより一段と減退していますね。
仙台や鹿島、千葉の製油所被災が影響しているとされますが、製品需要の低迷で被災しなかった製油所の稼働率も抑制気味なのでしょう。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。