記事

外事警察の元オフィサーが明かす国際諜報戦争の真実 『情報機関を作る 国際テロから日本を守れ』 (吉野準 著)(文藝春秋 刊)|書評|竹内 明

世界を動かす「もう一つの戦争」

画像を見る
『情報機関を作る 国際テロから日本を守れ』 (吉野準 著)(文藝春秋 刊)

 皆さんは「スパイ」という言葉にどんなイメージを持つだろうか。秘密を盗むためには手段を選ばぬ、陰湿な職業だと思うだろうか。いや、特高警察のように国民を監視する恐ろしい集団を連想するかもしれない。

 これはとんでもない誤解だ。世界で活躍するスパイは明晰な頭脳と強靭な精神力を持つ、選び抜かれたエリート公務員である。彼らが勤務するのが「情報機関」だ。それは国益追求に必要な情報を集める「耳」であり、その情報を政策に生かす「頭脳」である。

 日本はこの重要な機能が存在しない稀有な国である。本書は「日本は情報機関を持たねばならぬ」と、その必要性を強く訴える。著者の吉野準(元警視総監)は警察官僚人生の大半を警備公安畑で過ごした。吉野が駆け出し時代に在籍した外事一課は主にロシアスパイの諜報(スパイ)活動を暴く防諜部門であり、その後歩んだ警察庁外事課長、警備局長は防諜活動の総元締めだ。つまり吉野は各国の諜報活動から日本を守る側にいた。

 警備公安警察に身を置いた者は、職務で知りえた事実をすべて墓場に持っていくのが不文律だ。だが、日本に重大な機能が欠落したままであることへの焦燥が、老オフィサーを執筆に駆り立てたのだろう。

 吉野は本書の中で「諜報戦」という熾烈な戦いの現実を読者に叩きつける。明らかにされる新事実は自身の捜査経験に基づくものばかりで圧巻である。

 接近してきたKGB機関員との駆け引き、尾行から逃れるテクニック、「パンドラ」という暗号で呼ばれた対北朝鮮作戦……。

 数々の新事実を明らかにしながら、吉野は世界には日本人の知らぬもう一つの戦いが存在すること、それが裏で世界を動かしていることを知らしめようとしている。

なぜ日本に情報機関がないのか

 こうした視点で戦後の日本を振り返ると、敗北続きだ。

 北朝鮮による日本人の拉致は、情報機関による工作活動だ。日本人を拉致して自国の工作員に日本語や習慣を教え込ませたり、潜入工作員がその日本人の身分を「背乗り」(乗っ取り)したりするのが目的だった。その発覚を防ぐための、政界工作や世論誘導も完璧に行われた。

 北朝鮮が特異なのではない。背乗りのための拉致や政界・世論工作は東側諸国が得意とする諜報技術だった。情報機関を持たぬ日本が、あまりに無防備だったにすぎない。つまり拉致問題とは、日本が北朝鮮との諜報戦に不戦敗を喫したことによる無残な結末であることを認識せねばならない。そして今、拉致被害者の所在と安否を確認する術は、表の外交交渉ではなく、裏のインテリジェンスしか道は残されていないはずだ。

 安倍政権はインテリジェンス機能の強化には熱心な政権だ。特定秘密保護法を施行し、「国際テロ情報収集ユニット」を設置した。イスラム過激派対策からスタートし、将来、国際情報機関に格上げすることを目論んでいるとされる。

 だが、現実は吉野が描く理想とはかけ離れたものだ。

「ユニット」は外務省内に置かれ、トップは警察庁出身者という捩れた形態となった。言うまでもなくこれは「省益争い」の産物だ。外務省は警察出身者の失敗を政治家に告げ口してポストを奪おうとし、警察側は外交官を「ド素人の公家集団」と揶揄するという些末な暗闘が繰り広げられている。そこにあるのは「愛国心」ではなく、「愛省精神」「愛庁精神」だけだ。

 某国のインテリジェンスオフィサーの指摘は辛辣だ。

「新しい情報機関を作っても、日本の官僚はどうせ2年くらいで出身省庁に戻ってしまう。だから彼らは国のためではなく、自分の出身省庁のために働くようになる。これでは我々は信頼して情報のギブ・アンド・テイクはできない。このままでは日本は世界のインテリジェンスのネットワークに入れない」

 吉野の指摘は早くも的中している。

 二十一世紀の情報機関の役割は、国家対国家のスパイ合戦だけではない。イスラム過激派によるテロ防止という重要な機能を果たすためには、かつての「敵」とも手を結んで、多国間(マルチ)の情報交換をせねばならない。そのとき、独自のインテリジェンスを持たぬ国家はネットワークから弾き出され、国民を守ることができなくなる。

 本書は老オフィサー・吉野準の覚悟の提言である。官僚たちはコップの中の省益争いを直ちにやめ、骨を埋める覚悟で国に奉仕すべきだ。そして私たち国民は、吉野が明らかにする現実を見つめ、「情報機関は国民監視につながる」という古い思考を捨てねばならない。そのうえで、日本が諜報の世界に打って出ることのメリットとデメリットを真剣に議論せねばならない。
竹内明(たけうちめい)
画像を見る 1969年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、1991年にTBS入社。社会部、ニューヨーク特派員、政治部などを経て、ニュース番組「Nスタ」キャスターなどを務めながら、国際諜報戦や外交問題に関する取材を続けている。著書に『ドキュメント秘匿捜査 警視庁公安部スパイハンターの344日』、『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』、また外事警察を題材にした小説『背乗り 警視庁公安部外事二課(ソトニ)』(以上講談社)などがある。
吉野準(よしのじゅん)
1934年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業。1960年、警察庁入庁。公安・外事畑を長く歩み、在ユーゴスラビア日本大使館(当時)一等書記官、警視庁公安部外事第一課長、公安総務課長、内閣総理大臣秘書官(中曽根康弘内閣)等を歴任。1991年に警察庁警備局長、1992年に警察庁次長を務めた後、1993年に第79代警視総監。退官後は帝京大学大学院客員教授(危機管理論)、日本相撲協会監事などを務める。著書に『鬼平学入門 鬼平を読む・楽しむ・極める』(中公文庫)、『ある警視総監日記』(角川文庫、2002年)、『情報国家のすすめ』(中央公論新社、2004年)ほか多数。

あわせて読みたい

「インテリジェンス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  7. 7

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  8. 8

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  9. 9

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  10. 10

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。