記事

ワ―ママがカチンとくる「仮面イクボス(男性管理職)」の正体

1/2
日本総合研究所 創発戦略センター ESGアナリスト 小島明子=文

なぜ、“仮面イクボス“は減らないのか?

女性の活躍推進を阻む要因をつき詰めていくと、

・「いつでも、どこでも、いつまでも」という働き方が求められる職場
・金太郎飴のような同質的な価値観に慣れ親しんだ職場の存在

が明らかになります。

この阻害要因をクリアしようとしたとき、長年そうした環境で違和感なく働いてきた、男性管理職の意識の変革が必要との指摘は以前からありました。

最近では、企業のなかでも男性管理職の意識を問題視し、「イクボス*」を増やすために、研修などを通じて意識啓発活動に励む企業も出てきています(*部下の仕事と生活の両立に配慮しながらキャリアを支援し、自身も仕事と生活を充実させる経営者や管理職)

しかし、そのような企業でも、男性管理職の意識や行動の変革が難しいことを筆者自身が数多く耳にしています。

日本総合研究所では、従業員数300人を超える企業の東京の事業所で働く40~59歳の男性管理職約500人を対象に調査(以下、アンケート調査)を行いました。

そこでは、約9割の男性管理職が女性の積極的登用には理解を示しながらも、女性の積極登用の足かせとなる長時間労働に対する意識が未だに変わっていないなど、意識のギャップがあることが明らかになっています。

本稿では、複数企業の男性管理職へのヒアリング結果も参考にしながら、“仮面イクボス”が減らない理由を分析します。

▼女性登用に賛成しつつも変わらない男性管理職の意識とは

女性登用に賛成しつつも変わらない男性管理職の意識として、

(1)長時間労働の許容意識
(2)固定的な役割分担(育児)への理解
(3)女性部下に対する苦手意識

という3つを取り上げます。

男性管理職「(女性も)長時間労働は当たり前」が本音?

【(1)男性管理職の意識:旧態依然として長時間労働を許容】

アンケート調査結果では、自身の昇進のためには、「定時以降に上司から依頼された仕事を行うことや、会議に出席することを仕方がない」と回答した男性管理職は全体の約6割、女性の登用に賛成している男性管理職においても、この傾向は変わりません(図表1)。

筆者が行ったヒアリングでは、「昇進のためには成果が必要で、長時間労働が求められているわけではない」という意見もあったものの、「常時ではないが、時には責任を持って対応しなくてはいけないときがある」といった意見をはじめ、締め切りの厳守や現場の人手不足感を指摘する意見も寄せられました。

結局のところ、会社や仕事の都合を優先し、責任感を持って仕事をこなすことで長時間労働になっていることは否定できません。こうした事実は、家事・育児などとの両立を目指す女性社員にとっては「障壁」となるのは確実です。

そこで、男性管理職に今後、長時間労働を改善していくために必要なことを尋ねたところ、

「働きやすい制度を充実させても、そのようなルールよりも周囲(特に人事評価を行う上司)の価値観が優先される風土を変えることが必要」

「時間内にアウトプットを出せるようタイムマネジメントし、残業なく仕事を終える人が評価されるべき」

という意見も寄せられました。会社の「仕組み」が変わらない限りは、男性管理職は長時間労働を甘んじて受け入れるということなのかもしれません。

仕事量や繁忙のリズムを改善するという業務特有の事情の問題解決と併せて、人事評価制度の在り方や男性管理職(その上司含め)のワーク・ライフ・バランスへの意識啓発には未だに改善の余地があるといえます。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。